Cryptocurrency

ビットバンクの審査に落ちる理由と対策を解説【審査通りやすいのは?】

Cryptocurrency

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

ビットバンク(bitbank)は国内大手の仮想通貨取引所として知られていますが、口座開設時の審査に落ちてしまうことがあります。せっかく仮想通貨投資を始めようと思ったのに、いざ口座開設しようとしたら審査に通らなかった…という方も少なくないのではないでしょうか。そこで本記事では、ビットバンクの審査に落ちる理由と、審査通過のための対策について詳しく解説します。また、ビットバンクと比較して審査に通りやすい他の仮想通貨取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事では、このようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • ビットバンクの審査に落ちたんだけど理由は?
  • 対策はどのようにすればいい?
月見
月見
  • 私は、色々な取引所で口座開設してきたので、その経験をもとに解説します

これからビットバンクで口座開設を考えている方や、過去に審査に落ちてしまった方は、ぜひこの記事を読んで、万全の準備で臨んでいただければと思います。

対策
  • bitbank以外の取引所の口座開設を考えることも重要
  • なぜなら、他の口座であれば審査の難易度が低い可能性があるため。

オススメは、以下の取引所です。

ビットバンクの審査に通過できない場合や、他の取引所の利用を検討している方には、以下の国内外の取引所がおすすめです。

国内/国外取引所名特徴
国内Coincheck– 最短10分で口座開設可能
– 初心者向けの簡単な取引画面
– 手数料が業界最安水準
国外Bybit– 最大100倍のレバレッジ取引が可能
– 豊富な取引ツールとチャート機能
– 大口トレーダーに人気
国外Bitget– 手数料が非常に安い
– 豊富な通貨ペアと取引方法
– ユーザーフレンドリーなインターフェース
国外MEXC– 200以上の通貨ペアを取り扱い
– スポット取引と先物取引に対応
– 24時間の日本語カスタマーサポート

はじめに

  • ビットバンク(bitbank)は国内大手の仮想通貨取引所だが、口座開設の審査に落ちるケースがある
  • 審査落ちの理由と対策、審査に通りやすい条件などを解説する

ビットバンク(bitbank)は国内大手の仮想通貨取引所ですが、口座開設時の審査に落ちるケースがあります。ビットバンクの審査基準は非公開ですが、一般的な仮想通貨取引所の審査項目としては本人確認書類の不備、金融資産の少なさ、職業、収入、投資経験の乏しさなどが挙げられます。

ビットバンクの審査は比較的厳しくないとされていますが、申込者が多い時期は審査に時間がかかることがあります。

ビットバンクの審査基準

  • 具体的な審査基準は非公開だが、一般的な仮想通貨取引所の審査項目としては本人確認書類の不備、金融資産の少なさ、職業、収入、投資経験の乏しさなどが挙げられる
  • ビットバンクの審査は比較的厳しくない印象なので、対策をすれば審査は通る可能性が高い
  • ビットバンクの審査基準は非公開

ビットバンクを含む多くの仮想通貨取引所では、口座開設時に一定の審査を行っています。この審査は、マネーロンダリングや不正取引を防止するための重要な手続きです。

ただし、ビットバンクの具体的な審査基準は公開されていません。これは、不正利用者に審査の抜け道を与えないためと考えられます。

ビットバンクの審査難易度については、他の大手取引所と比べると比較的厳しくないと言われています。実際、ビットバンクユーザーの口コミを見ても、審査に通ったという報告が多く見られます。

ただし、これはあくまで相対的な話であり、ビットバンクの審査が甘いというわけではありません。仮想通貨取引所は法律で厳格な審査を行うことが義務付けられているため、一定の基準をクリアする必要があります。

とはいえ、ビットバンクの審査が比較的通りやすいのは事実です。その理由としては、ビットバンクが利用者の利便性を重視しているからだと考えられます。審査が長引くと、ユーザーが他の取引所に流れてしまう恐れがあるためです。

ただし、審査に通るかどうかは、申請者の個人情報や資産状況によって変わってきます。必ず通るという保証はありません。

しかし、事前の対策を十分に行えば、審査に通る可能性は高くなるでしょう。例えば、本人確認書類の画像を鮮明に撮影したり、申請フォームの記入事項に漏れがないようにするなど、基本的な対策は必ず行いましょう。

以上のような対策を行えば、ビットバンクの審査に通る可能性は十分にあると言えます。万が一審査に通らなかった場合も、一定期間後に再度申請することができます。粘り強く挑戦することが大切だと言えるでしょう。

ビットバンクの審査基準の高さ

  • bitbankの口座開設の審査基準は、他の国内取引所と比べると、そこまで高くはありません
  • ただし海外取引所の方が審査基準はさらに低いので、海外取引所もオススメです。

基本的には本人確認書類の提出と顔写真の撮影で審査が完了し、最短で申込当日に口座開設が完了します。

一方、海外取引所の代表格であるBybit(バイビット)の口座開設は、さらに簡単です。メールアドレスとパスワードを入力するだけで、わずか数分で口座開設ができてしまいます。本人確認(KYC)も任意で、しなくても取引は可能です。

比較項目bitbank海外取引所(Bybit等)
必要情報メールアドレス、氏名、住所、生年月日、職業等メールアドレス、パスワードのみ
本人確認必須(運転免許証、パスポート等)任意
審査期間最短即日、通常1営業日程度数分で完了
金融庁認可ありなし
セキュリティ二段階認証必須、コールドウォレット各取引所による
信頼性高い低い

このように、bitbankの審査基準は国内取引所の中では比較的緩めですが、それでもBybitのような海外取引所と比べると、まだハードルが高いと言えるでしょう。海外取引所は規制が緩いため、誰でも気軽に口座開設できるのが特徴です。ただし、日本の金融庁から警告を受けているなどのリスクもあるため、信頼性の面ではbitbankに軍配が上がります。

ビットバンクの審査に落ちる理由

ここでは筆者のこれまでの経験より、推定要因6つを解説します。

ビットバンクの審査に落ちる理由
  • 本人確認書類の不備や情報の不一致
    • 提出した本人確認書類の画像が不鮮明
    • 登録情報と本人確認書類の記載内容に相違がある
  • 金融資産の不足
    • 口座開設時に申告した金融資産が少なすぎる
    • 取引に必要な資金力が不十分と判断される
  • 職業や収入に関する審査基準を満たしていない
    • 無職や学生などの場合、安定した収入源がないと判断される
    • 申告した年収が取引所の審査基準を下回っている
  • 仮想通貨の投資経験や知識の不足
    • 仮想通貨取引のリスクを十分に理解していないと判断される
    • 投資経験が浅すぎる場合、トラブルに巻き込まれるリスクが高いと見なされる
  • 取引所側のリスク管理方針による審査基準の厳格化
    • マネーロンダリングや不正取引の防止を目的とした審査強化
    • 取引所の方針変更やシステムメンテナンスに伴う一時的な審査通過率の低下
  • 申込者の急増に伴う審査の遅延や通過率の低下
    • 仮想通貨への注目度の高まりによる口座開設申込の増加
    • 審査を担当する人員の不足により審査に時間がかかり、結果的に審査落ちと判断されるケースがある

なので以下では、特に多い書類不備をまずは紹介します。

ビットバンクの審査に落ちる理由①|本人確認書類の不備や情報の不一致

  • 住所表記が本人確認書類と異なる(番地やマンション名の有無など
  • 「外国の重要な公人ではない」に✓を入れわすれ
  • 本人確認書類のピンボケ

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由として、申込書類の不備が挙げられます。特に住所表記の誤りや本人確認書類の不備は、審査落ちの大きな要因となります。

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由として、申込書類の不備が挙げられます。特に住所表記の誤りや本人確認書類の不備は、審査落ちの大きな要因となります。

まず、住所表記が本人確認書類と異なっていると、審査で弾かれる可能性が高いです。例えば、本人確認書類には番地やマンション名まで記載されているのに、申込フォームではそれらを省略して入力してしまうと、住所の不一致でNGとなります。本人確認書類の記載内容と完全に一致するよう、住所は丁寧に入力しましょう。

次に、申込フォームの「外国の重要な公人ではない」にチェックを入れ忘れるのも、意外と多いミスです。重要な項目にもかかわらず見落としてしまい、審査で引っかかってしまうことがあります。

また、本人確認書類の画像が不鮮明だったり、ピンボケしていたりすると、審査担当者が内容を判別できず、書類不備として審査落ちとなります。提出する画像は、文字がはっきり読める解像度と明るさで撮影する必要があります。

以上のように、ビットバンクの口座開設審査では、申込書類の記入誤りや不備が審査落ちの原因になりやすいです。入力情報と添付書類が完璧な状態で申し込むことが、審査通過への近道と言えるでしょう。面倒でも、提出前にしっかりと確認作業を行うことをおすすめします。

ビットバンクの審査に落ちる理由②|金融資産の不足

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由の一つに、金融資産の不足が挙げられます。仮想通貨取引は、価格変動が大きいハイリスクな投資であるため、取引所側としては、一定以上の金融資産を持つ利用者を優先的に受け入れたいと考えているのです。

口座開設時に申告する金融資産が少なすぎると、「この人は取引に必要な資金力が不十分だ」と判断され、審査で弾かれてしまう可能性があります。

ただし、ビットバンクが審査基準として設けている最低限の金融資産額は公表されていません。あくまで、他の利用者と比較して、十分な資産があるかどうかが審査のポイントになると考えられます。

また、金融資産の審査では、単に預貯金の額だけでなく、収入や職業も重要な判断材料になります。安定した収入があり、職業が会社員や公務員など、ある程度の社会的信用があると判断されれば、多少資産が少なくても審査に通りやすいと言えるでしょう。

逆に、無職やアルバイトなど、収入が不安定だと見なされる職業の場合は、高額の金融資産がないと審査に通過しにくいかもしれません。

つまり、金融資産の審査は、単に数字だけの問題ではなく、トータルな経済力を評価しているのです。

ビットバンクで口座開設を目指す方は、できるだけ安定した収入を得られる職についた上で、余剰資金を貯蓄に回すことが審査突破の鍵になるでしょう。

ただし、無理に資産を水増しして申告するのは避けましょう。虚偽の申告は審査落ちどころか、アカウント停止などのペナルティを受ける恐れがあります。

正直に自身の経済状況を申告し、着実に資産を積み上げていくことが、ビットバンクの口座開設への近道だと言えます。

ビットバンクの審査に落ちる理由③|職業や収入に関する審査基準を満たしていない

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由の一つに、職業や収入に関する審査基準を満たしていないことが挙げられます。

仮想通貨取引は、価格変動リスクが高く、投資資金を失う可能性があります。そのため、取引所側としては、安定した収入があり、取引に必要な資金力を持つ利用者を優先的に受け入れたいと考えているのです。

例えば、無職や学生の場合、安定した収入源がないと判断され、審査で弾かれる可能性が高くなります。アルバイトや非正規雇用の方も、収入が不安定だと見なされ、審査通過が難しくなるかもしれません。

また、たとえ職についていても、申告した年収が取引所の審査基準を下回っていると、十分な投資資金力がないと判断され、口座開設を断られる恐れがあります。

ビットバンクの具体的な職業・収入の審査基準は非公開ですが、一般的に、安定した職業に就いていて、ある程度の年収がある方が通過しやすいと言えます。

ただし、これは絶対的な基準ではありません。職業や収入以外の要素、例えば金融資産の額や投資経験なども総合的に判断されます。

また、ビットバンクでは、口座開設時に職業と年収の申告が必須となっています。ここで性格に回答することが重要です。

虚偽の申告をして審査に通過したとしても、後々問題になる可能性があります。口座凍結や強制退会などのペナルティを受けるリスクを考えると、正直に申告するのが賢明だと言えるでしょう。

もし現在の職業や収入が審査基準を満たさない場合は、ビットバンクへの口座開設を一旦諦め、他の取引所の利用を検討するのも一つの方法です。

または、今の仕事をしっかりと続けながら、収入アップを目指すことで、将来的にビットバンクの審査基準をクリアできる可能性もあります。

いずれにしろ、口座開設の可否は、職業と収入だけで決まるわけではありません。ビットバンクの総合的な審査基準をクリアできるよう、地道な努力を重ねることが大切だと言えるでしょう。

ビットバンクの審査に落ちる理由④|仮想通貨の投資経験や知識の不足

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由の一つに、仮想通貨の投資経験や知識の不足が挙げられます。

仮想通貨は、株式や為替などの伝統的な金融商品とは異なる特性を持っています。価格変動が大きく、24時間365日取引が行われるなど、初心者にはハードルの高い投資対象だと言えます。

そのため、ビットバンクでは、仮想通貨取引のリスクを十分に理解し、適切に取引できる利用者を優先的に受け入れたいと考えているのです。

口座開設時の審査では、仮想通貨の投資経験の有無や、関連知識の豊富さが重要な判断材料になります。

例えば、全くの初心者で、仮想通貨の基本的なしくみも理解していない場合、取引で大きな損失を被るリスクが高いと判断され、審査で弾かれる可能性があります。

また、過去に仮想通貨取引で大きな失敗をしたことがある場合も、リスク管理能力に問題があると見なされ、口座開設が認められない恐れがあります。

一方、仮想通貨投資の経験が豊富で、関連知識も十分にある方は、審査通過の可能性が高くなると言えるでしょう。

ビットバンクの具体的な審査基準は非公開ですが、口座開設前に、仮想通貨の基礎知識をしっかりと学習しておくことが重要です。

取引所の利用方法はもちろん、ブロックチェーンの仕組みや、各通貨の特徴、価格変動要因など、広い範囲の知識を身につけておくことをおすすめします。

また、口座開設時には、仮想通貨取引のリスクを十分に理解している旨を伝えることも大切です。

単に「儲かりそうだから」という理由で始めるのではなく、リスクを踏まえた上で、自己責任で取引する姿勢を示せば、審査通過の可能性が高まるでしょう。

ただし、知識や経験は口座開設審査の一部に過ぎません。本人確認書類の不備や、金融資産の不足など、他の審査項目もクリアする必要があります。

仮想通貨投資の知識を深めつつ、ビットバンクの総合的な審査基準を満たせるよう、準備を進めることが肝要だと言えます。

ビットバンクの審査に落ちる理由⑤|取引所側のリスク管理方針による審査基準の厳格化

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由の一つに、取引所側のリスク管理方針による審査基準の厳格化が挙げられます。仮想通貨取引所は、マネーロンダリングや不正取引の温床になりやすいと指摘されています。そのため、各国の規制当局から、厳格な利用者管理を求められているのです。

ビットバンクでも、法令順守の観点から、口座開設時の審査基準を厳しくしています。具体的には、犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)に基づき、利用者の本人確認を徹底的に行っています。

また、利用者の取引パターンを分析し、不審な取引がないかチェックする体制も整えています。こうしたリスク管理方針により、ビットバンクの口座開設審査は、他の取引所と比べても厳格になっていると言えます。例えば、本人確認書類の不備や、住所・氏名の不一致など、些細なミスでも審査で弾かれる可能性があります。

また、過去に犯罪歴がある方や、経済制裁対象国に居住する方なども、口座開設を断られるケースがあります。

さらに、ビットバンクでは、マネーロンダリング対策の一環として、口座開設後の取引にも制限を設けています。高額の入出金や、頻繁な取引を行うと、不審な取引とみなされ、口座が凍結されるリスクがあるのです。こうした厳格な審査基準や取引制限は、ビットバンクの健全な運営に不可欠な措置だと言えます。

しかし、利用者からすれば、口座開設のハードルが高くなり、不便を感じることもあるでしょう。ビットバンクで口座開設を目指す方は、取引所側のリスク管理方針を十分に理解した上で、審査基準を満たせるよう準備することが大切です。本人確認書類の準備はもちろん、取引目的や資金源を明確にしておくことも重要だと言えます。

また、口座開設後も、不審な取引と見なされないよう、適切な頻度・金額で取引することを心がけましょう。取引所側の方針に合わせて、利用者側も適切なリスク管理を行うことが、安全で円滑な仮想通貨取引につながるはずです。

ビットバンクの審査に落ちる理由⑥|申込者の急増に伴う審査の遅延や通過率の低下

ビットバンク(bitbank)の口座開設審査で落ちる理由の一つに、申込者の急増に伴う審査の遅延や通過率の低下が挙げられます。

仮想通貨への関心の高まりを受けて、ビットバンクでは口座開設申込が殺到することがあります。特に、ビットコインの価格が急騰した時期などは、多くの投資家が一斉に口座開設を試みるのです。

しかし、ビットバンクの審査体制は、こうした急激な申込増加に必ずしも対応できているわけではありません。

審査を担当する人員には限りがあるため、申込が殺到すると、一人ひとりの審査に十分な時間を割けなくなります。その結果、審査が遅延し、口座開設までに数週間から数ヶ月を要するケースも出てくるのです。

また、審査の精度を維持するために、通常よりも厳しい基準で申込を審査せざるを得なくなることもあります。

つまり、通常なら審査に通過できたかもしれない申込者が、基準の引き上げによって落とされてしまう可能性があるのです。実際、ビットバンクでは過去に、申込急増による審査の遅延や通過率の低下が問題になったことがあります。

こうした事態は、利用者にとって大きな不便や機会損失をもたらします。せっかく仮想通貨投資を始めようと思ったのに、いつまで経っても口座が開設できないのでは、モチベーションも下がってしまうでしょう。

ただし、ビットバンク側も、こうした問題の解消に努めています。審査体制の強化や、システムの自動化などを進めることで、急激な申込増加にも対応できるよう備えているのです。

また、利用者側でも、申込のタイミングを工夫することである程度、審査の遅延は回避できます。例えば、ビットコインの価格が急騰している時期は避け、相場が落ち着いている時期に申し込むのがおすすめです。

また、申込書類の不備をなくし、審査に必要な情報を漏れなく提供することも重要です。書類の不備は、審査の遅延や否認の大きな原因になるからです。

いずれにしろ、申込者の急増は、ビットバンクにとって避けられない課題だと言えます。利用者側は、こうした状況を理解した上で、口座開設の申込時期や方法を適切に選ぶことが大切だと言えるでしょう。

ビットバンクの審査の落ちた場合の対策

ビットバンクの審査に落ちた場合の主な対策は以下の通りです。

  • 他の仮想通貨取引所への登録を検討する
  • 再申込み前に審査落ち要因を改善する
  • 一定期間をおいて再申込みする
  • カスタマーサポートに相談する

他の仮想通貨取引所への登録を検討する

ビットバンクの審査基準に満たない場合、すぐに取引を始めたいのであれば他の取引所の利用を検討しましょう。コインチェックは、最短10分程度の審査で口座開設が可能です。取引所によって審査基準は異なるため、ビットバンクで落ちても他の取引所なら通る可能性があります。

ビットバンクの審査に通過できない場合や、他の取引所の利用を検討している方には、以下の国内外の取引所がおすすめです。

国内/国外取引所名特徴
国内Coincheck– 最短10分で口座開設可能
– 初心者向けの簡単な取引画面
– 手数料が業界最安水準
国外Bybit– 最大100倍のレバレッジ取引が可能
– 豊富な取引ツールとチャート機能
– 大口トレーダーに人気
国外Bitget– 手数料が非常に安い
– 豊富な通貨ペアと取引方法
– ユーザーフレンドリーなインターフェース
国外MEXC– 200以上の通貨ペアを取り扱い
– スポット取引と先物取引に対応
– 24時間の日本語カスタマーサポート

再申込み前に審査落ち要因を改善する


本人確認書類の不備や情報の不一致、金融資産の不足、職業や収入要件を満たしていないことなどが審査落ちの原因だった場合、それらを改善してから再度申し込むことで通過率が上がります。例えば本人確認書類をわかりやすく撮り直す、安定した職に就く、投資に回せる資産を増やすなどの対策が考えられます。

一定期間をおいて再申込みする

ビットバンクの規定で、審査落ち後すぐに再申込みしても通らない場合があります。3ヶ月程度の期間を空けて申し込み直すと、再審査に通りやすくなるようです。その間に上記の改善点に取り組むのも効果的でしょう。

カスタマーサポートに相談する

審査落ちの明確な理由がわからない場合は、ビットバンクのカスタマーサポートに問い合わせてみるのも一案です。本人確認の方法など、申込者に非がある場合は丁寧に対応してもらえる可能性があります。ただし審査基準の詳細は教えてもらえないので、あくまで参考程度と考えましょう。

参考:bitbank公式サイト

ビットバンクの審査に関する口コミ

ビットバンクの審査に関する口コミを調査しました。

口コミ①

ビットバンクの評価:★★★★☆
審査の結果:審査通過
性別:男性
年齢:28歳
職業:会社員(IT関連)
仮想通貨投資額:約100万円
仮想通貨投資歴:2年
ビットバンクの審査に関する意見:
ビットバンクの口座開設の審査はスムーズに進み、申込から5日ほどで無事に通過することができました。本人確認書類のアップロードなどの手続きもアプリ上で簡単にできたので、初心者の私でも迷うことなく進められました。ただ、Twitterなどを見ていると、たまに本人確認の審査で時間がかかったり、追加の書類提出を求められたりするケースもあるようです。私の場合は運良く一発で通りましたが、審査基準は人によってバラつきがあるのかもしれません。

口コミ②

ビットバンクの評価:★★★☆☆
審査の結果:審査落ち
性別:女性
年齢:23歳
職業:大学生
仮想通貨投資額:0円(これから始める予定)
仮想通貨投資歴:なし
ビットバンクの審査に関する意見:
私は仮想通貨投資に興味を持ち、まずはビットバンクで口座開設しようと思ったのですが、残念ながら審査に通りませんでした。学生で収入が安定していないことが原因かもしれません。ビットバンクの審査基準の詳細は公開されていないので、具体的にどの部分が足りなかったのかはわかりません。ただ、学生でも口座開設できたという口コミもあるので、単に運が悪かっただけなのかもしれませんね。仮想通貨投資は今後も続けたいと思っているので、もう少し経済的な基盤を固めてから、再度チャレンジしてみようと思います。その際は、審査に通った人の体験談なども参考にしながら、しっかり準備を整えていきたいですね。

口コミ③

ビットバンクの評価:★★★★☆
審査の結果:審査通過
性別:男性
年齢:35歳
職業:自営業
仮想通貨投資額:約500万円
仮想通貨投資歴:3年
ビットバンクの審査に関する意見:
私がビットバンクの口座開設をしたのは2年ほど前ですが、当時は申込から審査結果が出るまで1週間ほどかかりました。今はもう少し早くなっているようですが、それでも他の取引所と比べると審査に時間がかかる印象ですね。ただ、私の場合は特に問題なく審査に通過できました。事業主として安定した収入があることや、すでに他の取引所で取引していたことが良かったのかもしれません。審査の厳しさは仮想通貨取引所としての信頼性の表れだと思うので、多少時間がかかっても仕方ないと考えています。むしろ、簡単に口座開設できる取引所よりも、セキュリティ面で安心できるメリットの方が大きいですからね。

口コミ④

ビットバンクの評価:★★☆☆☆
審査の結果:審査落ち
性別:男性
年齢:31歳
職業:フリーランス
仮想通貨投資額:約50万円
仮想通貨投資歴:1年
ビットバンクの審査に関する意見:
正直、ビットバンクの審査には不満を感じています。私は他の取引所では問題なく口座開設できているのに、ビットバンクだけは審査に通りませんでした。フリーランスで収入が安定していないことが原因かもしれませんが、だからといって一律に審査で弾かれるのはどうかと思います。仮想通貨投資は個人の自由なはずなのに、取引所側の基準で制限されるのは納得がいきません。また、審査落ちの理由についても、具体的な説明がありませんでした。せめて、どの部分が足りないのか教えてほしいですね。改善の余地もわからないままでは、再申請のしようもありません。ビットバンクには、審査基準の透明性を高め、利用者の立場に立った対応を求めたいと思います。セキュリティは大切ですが、利便性とのバランスも考えてほしいですね。

口コミ⑤

ビットバンクの評価:★★★★★
審査の結果:審査通過
性別:男性
年齢:42歳
職業:会社経営
仮想通貨投資額:約2000万円
仮想通貨投資歴:4年
ビットバンクの審査に関する意見:
私は複数の国内外の仮想通貨取引所を利用していますが、ビットバンクの審査プロセスは非常にスムーズでした。本人確認書類のアップロードも簡単で、審査結果も2日ほどで出ました。私の場合は、事業の安定した収入や豊富な投資経験が審査通過に寄与したのかもしれません。ただ、ビットバンクの審査が特別厳しいというわけではなく、一般的な個人情報の確認や取引目的の確認など、必要最低限の手続きという印象です。むしろ、セキュリティ対策や取引ツールの充実さなど、ビットバンクの総合的なサービス品質の高さに魅力を感じています。初心者から上級者まで、幅広いニーズに応えられる優れた取引所だと思います。

人によってさまざまな意見があるようです。

審査が通った方でも1週間ほど審査にかかったようです。

月見
月見
  • 私もbitbankで口座開設したときは、1週間以上審査にかかりました。

審査の期間について

月見
月見
  • 一週間は長いですね・・・

私の場合はコインチェックは、数日で審査完了しました。

一方でビットバンクは、1週間程度かかりました。

一応公式の発表では、スマホで本人確認する場合は翌営業日から取引が可能なようです。

ビットバンクが審査を通してくれないというツイートちらほら見受けます。

なので、もし審査が遅いとかんじている方は、別の口座を開設してしまった方がいいかもです。

ビットバンクと仮想通貨取引所の各社の比較

以下のツイートが参考になりましたので、共有します。

国内取引所の使い分け方

ビットバンクは、アルトコインの売買用として活用する方多いよう。

私もその一人で、ビットバンクで主に売買してます。

月見
月見
  • 一方で積み立ては、Coincheckで私も運用しています。
  • 積み立てのサービスが一番しっかりしているのがコインチェックで長期運用に向いていると思います。

海外取引所は?

ビットバンクに比べて、取り扱い銘柄数も圧倒的に多く手数料も安いのでオススメです

主な海外取引所は、以下になります。

審査の基準はbitbankに比べると比較的緩い印象ですので、オススメです。

国内/国外取引所名特徴
国外Bybit– 最大100倍のレバレッジ取引が可能
– 豊富な取引ツールとチャート機能
– 大口トレーダーに人気
国外Bitget– 手数料が非常に安い
– 豊富な通貨ペアと取引方法
– ユーザーフレンドリーなインターフェース
国外MEXC– 200以上の通貨ペアを取り扱い
– スポット取引と先物取引に対応
– 24時間の日本語カスタマーサポート

ただ、送金が少し煩わしいです。

送金方法の詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

ビットバンクの口座開設に関するQ&A

本記事は、以下のビットバンクの公式のQ&Aを参考にして記事を書いています。

ぜひ参考にしてみてください。

Just a moment...

まとめ

今回の記事では、ビットバンクの審査に落ちる理由と対策を解説しました。

ビットバンクの審査に通過できない場合や、他の取引所の利用を検討している方には、以下の国内外の取引所がおすすめです。

国内/国外取引所名特徴
国内Coincheck– 最短10分で口座開設可能
– 初心者向けの簡単な取引画面
– 手数料が業界最安水準
国外Bybit– 最大100倍のレバレッジ取引が可能
– 豊富な取引ツールとチャート機能
– 大口トレーダーに人気
国外Bitget– 手数料が非常に安い
– 豊富な通貨ペアと取引方法
– ユーザーフレンドリーなインターフェース
国外MEXC– 200以上の通貨ペアを取り扱い
– スポット取引と先物取引に対応
– 24時間の日本語カスタマーサポート

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました