BTCCryptocurrencyETH

【2024年最新】ビットコインの価格分析。米国経済との関係から導く

BTC

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

今回は、2024年のビットコインの価格について、を2023年の米国債10年利回り、S&P500、ナスダック、ダウの関係から分析します。

なので、このようなお悩みの方におすすめの記事です。

  • 仮想通貨って、米国経済の関係性は?
  • ビットコインの価格は、2024年以降上昇するの?

米国経済とビットコインの関係について

これまでの米国経済とビットコインの関係をまとめると以下になります。


*1:2021年年末頃は、金融緩和によるインフレの影響で金へ資金が流入しており、図とは、逆の関係になってきています。

米国経済とビットコインの関係に関する基本的な考え方は、以下で解説していますので参照ください。

参考:2022年のビットコインと米国債10年利回り、S&P500、ナスダック、ダウの関係と2023年の見通し

2022年と2023年の米国経済とビットコインの関係の違いについて

  • POINT1:2022年と2023年の最大の違い1つ目は、「ビットコインと米国ドル」の連動性の有無
  • POINT2:2022年と2023年の最大の違い2つ目は、「ビットコインと米国先10年利回り」の連動性の変化

以下は、2022年と2023年のビットコインと各指数の相関係数です。

相関係数とは?
  • 相関係数は、簡単に説明すると1に近いほど、同じ動きをしやすいという指標。
  • 1に近い場合: これは強い正の相関を示し、片方のデータが増加するともう一方も増加する傾向があります。例えば、勉強時間と成績が1に近い相関を持つことがあります。
  • -1に近い場合: これは強い負の相関を示し、片方のデータが増加するともう一方は減少する傾向があります。例えば、雨の量とピクニックの参加者数が-1に近い相関を持つことがあります。
  • 0に近い場合: これは相関がほとんどないことを示します。片方のデータが変動しても、もう一方のデータにほとんど影響を与えません。

詳細:【Python】2銘柄の相関係数の時系列データを求める方法

ドル指標は、2022年負の相関があったが、2023年は相関が少ないことが分かります。

また、米国債10年利回りは、2022年負の相関があったが、2023年は若干正の相関になっています。

月見
月見
  • この理由を分析すると2024年のビットコインの価格の分析につながりそうです。

POINT1「ビットコインと米国ドル」の連動性の有無

  • 2022年は、ビットコインと米国ドルは、負の相関
  • 2023年は、ビットコインと米国ドルは、相関関係なし

2022年のビットコインの価格とドル指数を正規化して、表示します。

2022年は、ドル指標は右肩上がりな一方で、ビットコインは右肩下がりであることが分かります。

2022年は、米国では政策金利が引き上げられたことが主な要因です。

一方で2023年はどうでしょう?

2023年は、ビットコインは右肩上がりの状況に対し、ドル指標は、約3か月サイクルで、レンジ相場の動きとなっています。

  • 2022年にあったビットコインの価格のドルとの連動性は、2023年には確認できない。

これは、徐々に市場がリスク資産へ資金を流入させている背景が強いと考えれます。

というのも米国の政策金利の上昇も一服したためです。

POINT2ビットコインと米国先10年利回り」の連動性の変化

  • 2022年は、ビットコインと10年債利回りは、負の相関
  • 2023年は、ビットコインと10年債利回りは、弱い正の相関

2022年のビットコインの価格とドル指数を正規化して、表示します。

2022年は、10年債利回りは右肩上がりな一方で、ビットコインは右肩下がりであることが分かります。

一方で2023年はどうでしょう?

2023年は、ビットコインは右肩上がりの状況なのに対し、10年債利回りも右肩上がりであることが分かります。

10年債利回り上昇の原動力は、力強い消費に支えられた経済の堅調さです。

つまり、2022年、2023年は米国の長期金利は上昇し続けたという結果になります。

一方で2023年は、リスク資産への資金流入もあり、ビットコインへも資金が流れてきたと言えるでしょう。

2023年のビットコインとアルトコインの成長率

  • 2023年~2024年2月にかけては、ビットコインより主要アルトコインの伸びが高い
  • 2024年2月時点で短期投資であれば、アルトコインへの投資がよい

以下は、ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)、ソラナ(SOL)の比較です。

2023年1月1日の価格を1とした場合の相対値を縦軸に取っています。

この結果から、ソラナが10倍以上に成長しています。

2023年は、アルトコインの成長率が高かったことが分かります。

ビットコインはこれまでビットコインの価格上昇→アルトコインの上昇→暴落というサイクルを繰り返しながら、価格が上昇してきました。

以下は、2016年~現在までのビットコインとイーサリアムの価格です。

縦軸は、両者0-1に正規化しています。

このグラフからビットコインの価格上昇後にイーサリアムの価格も成長していることが分かります。

2024年時点では、イーサリアムの成長率は、ビットコイン比べると低いことから2024年2月から投資するのであれば、イーサリアムは良いでしょう。

ビットコインに比べてまだ成長が短期的に期待できます。

  • 2024年2月から投資するのであれば、イーサリアム(アルトコイン)がよい

参考:イーサリアムをbitbankで購入

しかし、アルトコインの上昇の後には、暴落がくるのが歴史上可能性が高いです。

このことから、2024年は暴落の可能性が示唆されるので注意が必要と言えるでしょう。

  • アルトコインの成長のあとには、暴落が来る可能性が高いことから2024年は、暴落に注意が必要

2024年の米国経済とビットコイン価格予想

  • 米国の景気は2024年下期から緩やかな減速が予想される
  • それに伴い、2024年下期からビットコインもレンジ相場になるとの予想
  • 筆者は、2024年2月時点では、ビットコインは、買いではなく静観がよい判断している

2022年3月にゼロ金利を解除し、2023年7月までFRBは利上げを続けました。

その効果が、2024年は徐々に顕在化することが予想されます。

一方で、非農業部門雇用者数は、2024年1月時点で、約35万人で推移しており、堅調です。

失業率は、約4%で推移しており、比較的安定しています。

参考:アメリカ・雇用統計の過去データ

このこともあり急激な米景気が下降することは考えにくい状況でしょう。

2024年のステーキングはどうか?

  • 2024年は、USDTなどステーブルコインへのステーキングは良さそう

上記の通り、2024年は長期的には仮想通貨市場は価格が下落するかレンジ相場になる可能性が高いと思われます。

なので、仮想通貨よりはUSDTなどのステーブルコインへのステーキングが良いでしょう。

以下は、ドル指数のグラフですが、2023年からレンジ相場となり、比較的安定しています。

なので、長期投資向けの状況と言えるでしょう。

USDTのステーキングは、Bybitがオススメです。

というのも利回りが100%以上のキャンペーンを実施しているためです。

参考:BybitのUSDTの利回り

その他、2024年のオススメのステーキング銘柄や高利回り銘柄等の情報は以下を参考ください。

参考:【2024年最新】オススメのステーキングランキング7選!利回りが高い銘柄一覧

まとめ

今回は、2024年のビットコインの価格について、を2023年の米国債10年利回り、S&P500、ナスダック、ダウの関係から分析しました。

  • POINT1:2022年と2023年の最大の違い1つ目は、「ビットコインと米国ドル」の連動性の有無
  • POINT2:2022年と2023年の最大の違い2つ目は、「ビットコインと米国先10年利回り」の連動性の変化
  • 米国の景気は2024年下期から緩やかな減速が予想される
  • それに伴い、2024年下期からビットコインもレンジ相場になるとの予想
  • 筆者は、2024年2月時点では、ビットコインは、買いではなく静観がよい判断している
  • 2023年~2024年2月にかけては、ビットコインより主要アルトコインの伸びが高い
  • 2024年2月時点で短期投資であれば、アルトコインへの投資がよい

今回の記事は、以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました