BTC Cryptocurrency ETH

2021年の仮想通貨の暴落について分析。見えてきたたった一つの今後の見通しとは?

BTC

現在は、2021年5月22日です。

5月19日に仮想通貨市場は、暴落し現在やっと下げ止まったか?の状況です。

今回の暴落の原因は、以下三つと推定されています。

  • イーロンマスク氏のビットコインに対するネガティブなツイート
  • 米通貨監督庁による仮想通貨関連の政策方針見直し
  • 中国の仮想通貨の規制

今回の暴落でもっとも強かった仮想通貨はなんだったのか?を分析し、ポートフォリオを組む上での参考になれば幸いです。

また、今後のポートフォリオについても見直していきたいと思います。

月見
月見

仮想通貨投資を始めるタイミングとしては、今はかなり良いと思います。
おすすめの取引所は、Coincheckがおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

もっとも暴落に強かった仮想通貨とは?

結論

  • もっとも暴落に強かった仮想通貨は、イーサリアムです。

私は、5月にイーサリアム中心のポートフォリオを推奨しており、結果的にかなりよい分析となりました。

詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

以下のグラフは、4/21から5/22までの仮想通貨の価格の推移です。

それぞれの4/21時点の価格を全て100とすることで、相対的にどの通貨が強かったのかを把握するためのグラフです。

結果、直近の暴落具合が低いのは、以下二つの通貨です。

  • イーサリアム
  • リスク

ただし、リスクに関しては、直近かなり高騰し、その後暴落しています。

こういった通貨は、ボラティリティが高く、ポートフォリオに組むべき銘柄とは言えないのです。

これは、不安定な通貨より安定している通貨の方が、良いとされているためです。

よって、ポートフォリオに組むべき通貨は、イーサリアム一択となるわけです。

ただし、ポートフォリオを単一の銘柄で組むのは危険なので、リスクヘッジとなる仮想通貨を探していきます。

今回の暴落の特徴は?

以下のグラフは、相関係数のヒートマップです。

全てが赤く染まっていることがわかります。

このことから、全ての通貨が同じような動きをしたということを示しています。

ここで重要なのが、イーサリアムと連動していない通貨がどれなのか?ということです。

その通貨として候補が以下二つです。

  • ビットコイン
  • IOST

ただし、IOSTは、直近だとかなりリスキーな銘柄です。

以下の数値は、リスクを定量化したものです。

この値が低いほど、リスクが低いという意味です。

ここから、ビットコインというのは、かなりリスクが低い銘柄ということがわかります。

  • BTC-USD 0.919182
  • ETH-USD 1.451934
  • XRP-USD 1.872858
  • LSK-USD 2.280749
  • FCT-USD 1.252007
  • XEM-USD 1.778404
  • LTC-USD 1.789335
  • BCH-USD 2.259183
  • MONA-USD 1.643360
  • XLM-USD 1.709418
  • QTUM-USD 2.510771
  • BAT-USD 1.652901
  • IOST-USD 1.923970
  • BNB-USD 1.603625

リスクの算出方法に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

ざっくり分析をまとめると

以下二つの仮想通貨を中心にポートフォリオを組めということになります。

  • イーサリアム
  • ビットコイン

この方針に関しては、私の仮想通貨の初心者向けの講座で解説しているので、参考にしてみてください。

仮想通貨は基本この二つでポートフォリオを組むことが大切です。

ビットコインドミナンスはどうなのか?

今回仮想通貨市場は、ほとんどの銘柄が暴落しました。

しかし、ビットコインだけは、あまり価格が変動していないということがわかりました。

このことから、ビットコインドミナンスは、むしろプラスに変化している可能性があるので確認してみます。

やはり、ビットコインのドミナンスが回復傾向です。

かなり大きな陽線がでました。

ブルーのラインは、2017年の暴落時のドミナンスの下げ止まりポイントです。

なので、これからビットコインに資金がさらに流入してくる可能性があります

直近はかなりアルトコインに資金が流れていました。

しかし、今回の暴落においては、ビットコインへ資金がアルトコインに比べると、流入している結果となっているのです。

月見
月見

Coincheckは国内の取引所で最も豊富な種類の仮想通貨を取り扱っています。

ぜひ参考にしてみてください。

結論

筆者の見立てとしては、そろそろ下げ止まる展開を予想しています。

これまでは、イーサリアム中心の展開であったが、今後はビットコインが強くなる可能性が示唆されています。

その理由が今回の暴落に際し、リスクが著しく低いことと、ビットコインドミナンスが急反発していることです。

このことから、ビットコインとイーサリアムを50%ずつの保有で良いかと考えています。

ただし、私は、長期目的で、バイナンスコインとCAKEのステーキングをしています。

こういった長期目的の通貨はコツコツ積み上げていこうと思っています。

今回の分析は、以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました