CryptocurrencyMANA

【仮想通貨MANA/マナ】2022年はいくら?今後の見通しと将来性を専門家が分析

Cryptocurrency

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

私は、ブロックチェーンに関する研究をしており、本ブログでは仮想通貨/暗号資産の情報を整理して発信しています。

今回の記事では、仮想通貨MANA/マナについて解説したいと思います。

よって、このようなお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

悩んでいる人<br>
悩んでいる人
  • 仮想通貨MANA/マナって?
  • 2022年にはいくらになるの?
  • 今後の見通しと将来性は?

仮想通貨MANAを購入するには?

仮想通貨MANAを購入するには?

以下の取引所がおすすめ

  • Binance :世界最大級の取引所
  • Bybit現在大注目の取引所

仮想通貨MANA/マナとは?

  • 仮想通貨MANAは、Decentralandで利用可能な仮想通貨
  • Decentralandは、メタバースのプラットフォーム
  • The Sand Boxと似ているけど、The Sand Boxの方が、マインクラフトチック
  • 個人的には、Decentralandの方が汎用的に用いられる印象

仮想通貨MANAの概要

仮想通貨名MANA(マナ)
ティッカーシンボルMANA
プラットフォーム名Decentraland(ディセントラランド)
現在価格(2021年12月時点)¥423.89
時価総額(2021年12月時点)¥777,945,630,982
時価総額ランキング(2021年12月時点)28位
取引可能な取引所
  • Binance

  • Bybit

  • ※国内取引所には未上場

    Decentraland(ディセントラランド)とは?

    • DecentralandはVR空間内の土地や建物、アバターなどあらゆるものがNFTで作られたプラットフォーム
    • NFTを売買することで、仮想通貨MANAを得ることができる

    以下の画面は、アバターを制作する画面ですが、このように自分のアバターを作成できます。

    結構リアルな感じですよね!

    Decentraland

    TheSandBoxと比較すると違いが分かりやすいと思います。

    The Sand Boxは、レゴブロックみたいなアバターです。

    このアバターなどを仮想空間上で、NFTを手段として取引売買することで、仮想通貨を稼ぐことができます。

    NFTとは?
    • コピー不可能なデジタルコンテンツのこと

    詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

    Decentralandのマーケットプレイスでは、上の画像のようにあらゆるアバターがNFTとして販売されています。

    月見
    月見
    • クリエイターは、お金を稼げる可能性がぐっとっ高まった世界と言えそうですよね!

    こういった理由から、大手企業というのが、メタバース市場に参入する流れが2021年から生まれました。

    メタバース参入を計画する企業
    • Meta(Facebook)
    • Microsoft
    • GREE
    • アディダス
    • ディズニー
    • コカ・コーラ

    仮想通貨MANAは2022年にはいくらになるの?

    • 仮想通貨MANAは、2022年中に6.7ドル(約760)に到達する可能性がある

    なぜなら、基本的にはメタバース市場は2022年は拡大傾向になる可能性が高いと私は判断してるためです。

    ここまでの名だたる企業が参入してきていることから、しばらくは市場は、ポジティブな反応となる可能性が高いと見込めるためです。

    また、フィボナッチエクステンションから、0.786のラインが次のアタックラインとなるのでここまでの成長は見込めると思います。

    その時の価格が6.7ドルです。

    仮想通貨MANAの今後の見通しと将来性は?

    • 仮想通貨MANAは、将来性は高いと判断します
    • 今後の見通しとしては、2022年には、6.7ドルに到達すると予想します
    • また2023年以降も大きく成長する可能性が高いと判断します

    ライバルであるSANDと比較すると成長性が少々低い銘柄であるのがMANAです。

    個人的には、今後MANAとSANDの差は縮む方向にシフトするのは?と判断しています。

    長期的には、まだまだメタバース市場は、成長する可能性が高いので、2023年以降も大きく成長すると考えています。

    2023年以降もMANAが大きく成長する理由とは?
    • なぜなら、ユーザが相互に接続された体験型の3D仮想世界で、空間的な制約を超えて人々とリアルタイムで交流し、デジタルと物理の世界にまたがるメタバースのプラットフォームにDecentralandがなるうるため

    これによって、ユーザー所有のインターネット経済を形成することを可能にします。

    月見
    月見
    • わざわざ外出しなくても物が買える→例:Amazon
    • 一方でAmazonでは、外出して人々とであるメリットが損なわれる
    • メタバースは、そのハイブリッドになりうる存在

    そのプラットフォームとして、 Decentraland はかなり強固なプラットフォームと言えます。

    MANAとSANDをプレイした私の所感

    LAND(ランド)

    まず、土地(ランド)について。

    2021年11月のときは以下のような感じでした。

    • SANDはかなり土地が買い占められており、企業が買い占めている
    • MANAはまだ土地が余っていた
    月見
    月見
    • なので、SANDの価格が、2021年11月にが大きく成長したものと推定される

    比較動画として以下が非常にわかりやすかったので共有します。

    MANAとSANDとENJの比較

    以下三銘柄を比較することで、仮想通貨MANAのポジションを確認します。

    • MANA:オレンジ
    • SAND:緑
    • ENJ:青

    このグラフは、2021年1月1日のそれぞれの銘柄の価格を100としたときの価格遷移です。

    2021年11月からSANDが圧倒的に成長していることがわかります。

    月見
    月見
    • 個人的には、SANDとMANAの間に、そこまで差が広がる要因があるのか?が重要。

    その要因というのが以下です。

    • The Sandbox とThe Metaverse Travel Agencyのパートナーシップ(2021年10月)
    • ザ・サンドボックス(SAND)はアディダスが提携を思わせるツイート(2021年11月)

    The Sandbox とThe Metaverse Travel Agencyのパートナーシップに関するツイート以下です。

    ザ・サンドボックス(SAND)はアディダスが提携を思わせるツイートが以下です。

    月見
    月見
    • 特にアディダスの件は、大きく市場が反応しました

    ステーキング

    • ENJ<MANA<SANDの順でステーキング報酬が高い

    Binance で比較した結果が以下です。

    SANDが最も利回り高いので、投資家からも人気が出た要因だと思います。

    まとめ

    今回の記事では、仮想通貨MANA/マナ について解説しました。

    • 仮想通貨MANAは、Decentralandで利用可能な仮想通貨
    • Decentralandは、メタバースのプラットフォーム
    • The Sand Boxと似ているけど、The Sand Boxの方が、マインクラフトチック
    • 個人的には、Decentralandの方が汎用的に用いられる印象

    2022年の見通しとしては、以下です。

    • 仮想通貨MANAは、2022年中に6.7ドル(約760)に到達する可能性がある

    仮想通貨MANAの将来性に関しては、以下です。

    • 仮想通貨MANAは、将来性は高いと判断します
    • 今後の見通しとしては、2022年には、6.7ドルに到達すると予想します
    • また2023年以降も大きく成長する可能性が高いと判断します

    仮想通貨MANAの購入は、国内取引所では不可能です。

    以下の取引所で購入可能です。

    仮想通貨MANAを購入するには?

    以下の取引所がおすすめ

    • Binance :世界最大級の取引所
    • Bybit現在大注目の取引所

    今回の記事は、以上です。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました