Free

【Bitbank(ビットバンク)】口座開設の方法|手数料が最も安い取引所

Free

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

私は、ブロックチェーンに関する研究をしており、本ブログでは仮想通貨/暗号資産の情報を整理して発信しています。

今回は、Bitbank(ビットバンク)の口座開設の方法を解説したいと思います。

  • 口座開設は、5分程度で完了します

というのもBitbank(ビットバンク)は、筆者が知る限り、最も手数料が安い国内の取引所になります。

月見
月見
  • あれ、コインチェックは手数料無料じゃなかったっけ?

コインチェックは、手数料は無料のものもあるのですが、スプレッドがビットバンクと比べると高く、トータルでみるとビットバンクのほうが圧倒的に安いのです。

今回は、そこらへんの詳細を解説したいと思います。

  • Bitbank(ビットバンク)の口座開設は、コチラから可能です!!

Bitbank(ビットバンク)の口座開設の方法

  • メールアドレスの入力
  • 「今すぐ無料口座を開設する」をクリック
  • パスワードの入力
  • 同意事項に同意
  • 「登録」をクリック

  • 次に基本情報を登録
  • 「進む」をクリック

  • 本人確認書類のアップロード
  • スマホで本人確認がおすすめ

月見
月見
  • スマホで本人確認が圧倒的に速いし、取引可能になるまでが早いです

これにて、口座開設は完了です。

ビットバンクの手数料は安い?

  • 圧倒的に安いです

ここでは、コインチェックと比較して、ビットバンクがいかに安いかを示します。

項目Bitbank(ビットバンク)Coincheck(コインチェック)
取引手数料maker:-0.02%
taker:0.12%
販売所:スプレッドあり(10%近いスプレッド)
取引所:無料(ただし、BTC,ETC,FCT,MONA,PLTのみ)
月見
月見
  • 圧倒的にビットバンクのほうが手数料が低いといえますね

ビットバンクは、makerとして暗号資産を取引するとなんど「暗号資産が貰える!!」

これは、すごいことですよね。

makerとtakerの違いは、以下です。

  • maker:板(気配値)に注文を並べる人のこと
  • taker:すでに注文が出ている値段で注文を出し、決済すること

しかも、ビットバンクのスプレッドはコインチェックに比べると圧倒的に低いです。

スプレッドとは?

  • 買値と売値の差のこと
  • スプレッドが大きいほど、取引をすると損になりやすい

特にコインチェックの販売所の銘柄で比較すると圧倒的です。

今回は、リップル(XRP)で比較してみます。

2021/11/13 22:15の1リップル(XRP)の価格

  • ビットバンク:約135円で入手可能
  • コインチェック:約141円で入手可能

一方でコインチェックは、ビットバンクに比べると手数料は高いものの、暗号資産の取り扱い銘柄数は、日本で一番多いです。

なので、色々な暗号資産の銘柄に投資したいという方にお勧めの取引口座となっています。

詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、Bitbank(ビットバンク)の口座開設の方法を解説しました。

ビットバンクがおすすめな人

  • なるべく手数料を低く取引したい方

コインチェックと比較すると、ビットバンクはかなり手数料が安いといえます。

  • Bitbank(ビットバンク)の口座開設は、コチラから可能です!!

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました