XYM/Symbol

本ブログの信頼性

私は、ブロックチェーンの研究者をしています。

先日、XYM/Symbol & NEM Core Teamのハチェットさんから本ブログ記事に関する、感謝の言葉がありまして、とてもうれしかった次第です。

なので、XYMに関する本記事は、比較的信頼性の高い内容だと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

XYM/Symbolとは?

プラットフォーム名 Symbol(シンボル)
ネイティブ通貨 XYM(ジム)
最大発行量 89億9999万9999枚
取り扱っている国内取引所 bitbank、GMOコイン、Zaif
Symbolメインネット公開日 2021年3月17日
ブロックチェーンのタイプ ハイブリッド型ブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム PoS+
ハッシュアルゴリズムSHA-512
API言語 C++

シンボル(XYM)は、2021年3月にネム(NEM)が、ローンチしたことで生まれました。

両者の違いは、以下です。

  • NEM:個人向け
  • XYM:法人向け

つまりXYMは、企業向けに柔軟性、高速性、安全性の高いブロックチェーンの提供が目的です。

XYMの最新記事

XYM/Symbolの最新記事は、以下から閲覧可能です。

日々のチャート分析などは以下から閲覧可能です。

XYMの2022年の見通し

  • XYMは2022年には、50~100円になるというのが筆者の見通しです。

詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

XYM/Symbolのバイナンス上場について

Twitterなどでかなり噂になっている件です。

私の方で最新情報をまとめているので以下の記事を参考にしてみてください。

XYM/Symbolの購入方法

XYM仮想通貨を購入するには?

以下の取引所がおすすめ

  • Bitbank圧倒的に手数料が安い
  • BybitXYMステーキングサービスを展開

ビットバンク

Bybit

タイトルとURLをコピーしました