Cryptocurrency IOST Recommend

仮想通貨IOST高騰の理由と今後の見通しを分析する

Cryptocurrency

はじめに

2021年1月15日、仮想通貨IOSTが前日比で一時70%高を超えた。前週比では+240%と大幅高となりました。この高騰の理由と今後の見通しを分析したいと思います。

仮想通貨IOSTとは?

IOSTは、スマートコントラクトを利用したdApps(分散型アプリケーション)を構築するためのプラットフォームの名称です。また、そのプラットフォーム上で使用可能なネイティブトークン(暗号資産)の名称でもあります。

スマートコントラクトとは、契約条件の締結や履行がプログラムによって自動で実行される仕組みです。例えば、イーサリアムもこの機能を有した仮想通貨です。

イーサリアムとIOSTの違いは?

イーサリアムとの違いは、コンセンサスアルゴリズムです。コンセンサスアルゴリズムとは、合意を取る方法のことを指します。中央集権的な管理者が存在しないP2Pネットワークにおいては、システムを保つために意見が食い違ったときに矛盾なく合意を得ることが困難です。特に不正をはたらく意図をもつ参加者がいる場合には非常に困難になります。そのような仕組みの中でも合意を取ることができる仕組みが、コンセンサスアルゴリズムです。

仮想通貨コンセンサス
アルゴリズム
特徴
イーサリアムPoW分散性が高いプラットフォーム
しかし、その代償として、
高速で何度もリクエストを行うコントラクトには不向きです。
IOSTPoB高速で何度もリクエストを行うコントラクトに向いています。
一方で分散性がPoWより低いです

つまり、イーサリアムは決済の信頼性が高いということになります。
一方で、IOSTは、高速で何度もリクエストを行うコントラクトには向いています。

この他にもEOSという通貨もあるのですが、こちらは、IOSTより「高速で何度もリクエストを行うコントラクト」に向いています。

仮想通貨IOSTの実例

仮想通貨IOSTは、精密医療や患者ケアのデータ管理ためのブロックチェーンテクノロジーの研究開発での貢献実績があります。そのソースの詳細がこちらです。

分散型ネットワークを研究開発する IOST財団(登記:シンガポール、共同代表:テレンス ・ワン)と遺伝医療情報プラットフォームを研究開発する プラクス株式会社(本社:大阪、代表:坂上博俊)は、健康管理記録のヘルスケア領域におけるブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発に関する協定に合意しました。

参照元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000041312.html

仮想通貨IOST高騰の理由は?

  • 大型発表が予定されている点を運営が告知
  • HUSDのサポート計画とエアドロップ
  • IOST.BESTノードがノード投票による報酬増加キャンペーン
  • コインチェックのCM開始などが挙げられる。

仮想通貨IOSTの大型の発表

大型の発表とは、IOSTは、Stable Universal Limitedによる米ドルペッグのステーブルコインであるHUSDをサポートする計画を発表したことです。またエアドロップが実施されるとのことです。

ビッグニュース:HUSD StablecoinがEthereumに続いてIOSTで正式にデビューします!

🎁DeFiエコシステムの成長におけるこのマイルストーンを祝うために、

$ IOST保有者に35,000ドルのHUSD

コインチェックのCM

2021年1月現在、日本の取引所で、IOSTを購入するには、コインチェックからのみとなります。そのコインチェックがCMを打つとの報道から、低価格であるIOSTに個人投資家の資金が流れているという見立てです。

“事件”以来3年ぶり コインチェック、テレビCM再開
コインチェックがテレビCMを再開。2018年、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が不正アクセスで流出する「コインチェック事件」が発生し、CMも止めていた。

仮想通貨IOSTの今後の見通し

  • 今回の高騰は短期的なものと判断します

仮想通貨IOSTのテクニカル分析

  • 5,25日移動平均線が乖離が大きくなってきている

短期的にものすごい上昇をみせています。

ボリンジャーバンド

  • 3σ上限に沿って上昇している

チョッピネスインデックス

  • 38%を下回ることは過去見ても稀
  • 38%を下回り、再び超えるタイミングので利益確定が良さそう

モメンタム

  • すこしモメンタムの傾きが緩くなりそう

IOSTの購入方法

バイナンス(Binance)仮想通貨取引所の登録・取引開始最強マニュアル | EIKING ASIA

バイナンスから購入可能です。

バイナンスは、手数料が低く、取り扱い銘柄の数も豊富なので、おすすめの取引所です。

私は、ビットバンクとバイナンスをメインに使っています。

どちらも販売所ではないためです。

販売所から仮想通貨を買うと・・・手数料が高すぎて儲からないです。

仮想通貨を購入するのは、間違いなく取引所からの購入をおすすめします。

仮想通貨取引が可能な国内の取引所

オーケーコイン・ジャパン株式会社、暗号資産現物取引サービスを開始|オーケーコイン・ジャパン株式会社のプレスリリース

OKCoinJapanから購入がおすすめです。

バイナンスに送金するには、BTC(ビットコイン)にて入金するのが一般的です。

そこで、ビットコインを手数料低く入手可能な取引所です。

なぜなら、日本円の入金が可能な日本国内の取引所でかつ手数料が低いためです。

まとめ

仮想通貨IOSTの高騰の理由と今後の見通しを分析しました。
その結果、仮想通貨IOSTの高騰の理由は、以下です。

  • 大型発表が予定されている点を運営が告知
  • HUSDのサポート計画とエアドロップ
  • IOST.BESTノードがノード投票による報酬増加キャンペーン
  • コインチェックのCM開始などが挙げられる

今後の見通しとしては、保有している方は利益確定をそろそろ検討が良いでしょう。
保有していない方は、今からのエントリーはかなりリスクが高いことを考慮しましょう。
モメンタムが上昇する限りは、リターンは見込めますが、その分下落スピードも早くなります。
そのため、モメンタムの傾きが緩くなったらすぐに逃げることをおすすめします。

コメント

  1. […] 仮想通貨IOST高騰の理由と今後の見通しを分析する2021年1月15日、仮想通貨IOSTが前日比で一時70%高を超えた。前週比では+240%と大幅高となりました。この高騰の理由と今後の見通しを分析 […]

タイトルとURLをコピーしました