AXSCryptocurrencySANDSOLXYM

【2023年最新】オススメのステーキングランキング7選!利回りが高い銘柄一覧

AXS

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

私は、ブロックチェーンに関する研究をしており、本ブログでは仮想通貨/暗号資産の情報を整理して発信しています。

この記事では、オススメのステーキングの銘柄ランキングについて解説します。

よってこのようなお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

  • ステーキングって何?
  • ステーキングってどうやるの?
  • ステーキングをしたいんだけど、高利回りな銘柄は?

先にステーキングの方法について、一覧にしてまとめます。

ステーキングの方法

基本的には、海外取引所でステーキングすることをおすすめします。

理由は、銘柄数が豊富であることと、利回りが高いためです。

国内取引所

取引所種類利回りオススメ度公式サイト
Coincheckレンディング14日:1%
30日:2%
90日:3%
180日:4%
365日:5%
★★★★★Coincheck公式サイト
Coincheckステーキング(中止中)
bitbankレンディング年間最大3%★★★★★bitbank公式サイト
GMOコインレンディング1ヶ月コース:1%
3ヶ月コース:3%
COSMOS:8%
プレミアム:15%以上
★★GMOコイン公式サイト
OK Coin JapanIOSTのステーキング最大8.88%★★★OK Coin Japan公式サイト

海外取引所

取引所種類利回りオススメ度公式サイト
Binanceステーキング
数百種類以上
0.5~200%★★★★★Binance公式サイト
Bybitステーキング
数百種類以上
0.5~200%★★★★★Bybit公式サイト
OKXステーキング
数百種類以上
0.5~200%★★★OKX公式サイト
PancakeSwapステーキング
数10種類以上
~約100%Pancakeswapコイン公式サイト

ステーキングとは?

ステーキングとは?
  • 一定期間暗号資産を保有する代わりに利回りを得る仕組み

なので、株の配当と似たようなイメージで正しいです。

ただ、仮想通貨のステーキングの場合には、日割換算で毎日配当貰えるものが多いです。

また、利回りも株式よりも圧倒的に利回りが高いものが多く、年利100%以上のサービスも存在します。

年率100%以上のステーキング

Binanceの場合

  • イーサリアムでのステーキング

Bybitの場合

  • イーサリアムでのステーキング

もし、ステーキングの詳細に関して知りたい方は、以下の記事を参考にすることをおすすめします。

参考:【保存版】仮想通貨のステーキングのやり方・始め方【初心者〜上級者まで】

利回りが高いステーキングの種類や銘柄の一覧

2022年現在、ステーキング利回りが高いサービスは、以下です。

利回りが高いステーキング
  • デュアル投資:利回り100%以上
  • AXSステーキング:利回り46%程度
  • PancakeSwap:利回り58%程度

利回りが高いは、筆者がバイナンスで調査したものになります。

利回りが銘柄
  • APE:利回り100%
  • AXS:利回り45%程度
  • CTK:利回り24%程度
  • KAVA:利回り23%程度
  • BSW:利回り23%程度

デュアル投資

デュアル投資は、利回りが、100%以上のステーキングサービスになります。

デュアル投資とは?
  • デュアル投資とは、決められた通貨を一定期間預けることで、一定期間後に報酬として、預けていた通貨ともう一つの通貨を得るというもの

デュアル投資では、預けていた通貨がストライク・プライスに到達したかどうかで受け取る通貨が変わります。

以下の条件にて、ボブがBTCにデュアル投資をする例を考えます。

  • ストライク・プライス:12000ドル
  • 有効期限:30日

シナリオ1:BTCが12,000ドル以上の場合
ボブは1BTC相当のBUSDと利息を取得します。
・(12,000 * 0.40) / 365 * 30 = 394.5 BUSD  ・受取総額:12,000 + 394.5 = 12,394.5 BUSD

シナリオ2:BTCが12,000ドル以下の場合
ボブは1BTC + 年利40%を取得します。
・(1 * 0.40) / 365 * 30 = 0.03288 BTC  ・総受取額:1.0328 BTC

例えば、上記のシナリオ1では1BTCの価格が12,400ドルまで上昇していた場合、デュアル投資していないほうが儲かっています。

また、シナリオ2で考えると1BTC の価値が9600ドルまで低下していた場合、損しています。
デュアル投資していなければ、価格が下がり始めたときに売り抜けられたかもしれません。

AXSステーキング

AXSステーキングとは?
  • 仮想通貨AXSを一定期間ロックするステーキング

AXSのステーキングの方法は、主に二つあります。

  1. Roninによるステーキングオススメ
  2. バイナンスでのステーキング

筆者は、なるべくRoninでステーキングした方が良いと判断しています

理由はRoninの方が利回りが高く、フレキシブルだからです。

デメリットとしては、ほんの少し面倒な作業が発生することです。

ただ、そこまで難しい作業ではないです。

バイナンスでステーキングする方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

PancakeSwap

PancakeSwapとは?
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは、Binanceスマートチェーン上のDEX(分散型取引所)です。

【2023年最新】オススメのステーキングランキング

  • 筆者は、2023年は、2022年に比べて、リスクが比較的小さいステーキングをおすすめします
  • 理由は、2023年はビットコインなどのリスク資産への資金流入はしにくい状況だと考えるためです
  • ビットコインなどのリスク資産への資金流入は、2023年11月以降と思われます

リスク資産への資金流入時期が、2023年の11月以降と思われる理由に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:2022年のビットコインと米国債10年利回り、S&P500、ナスダック、ダウの関係と2023年の見通し

1位:USDT,BUSDのフレキシブルセービング(利回り約5~10%)

オススメのポイント
  • ステーブルコインによるステーキングなので比較的リスクが低い
  • それでいて、年利が5~10%ほどと高い
  • フレキシブルステーキングなので、いつでもロックを解除できる

2022年は、円安の影響も相まってUSDTでかなり稼げました。

2023年は、米国の金利政策によって、2022年ほどのドル高は期待しにくい状況ですが、リスクとリターンのバランス的には最高だと思います。

  • 2023年も、USDT,BUSDのフレキシブルセービングがポートフォリオの中心でよいと思います。

2022年11月時点ですと、BybitのUSDTのステーキングが利回り10%なので、オススメです。

USDT,BUSD,USDC

Binanceの場合

  • 利回りは、5~6%

Bybitの場合

  • 利回りは、3.5~10%

2位:ビットコインのフレキシブルセービング(利回り約1~3%)

オススメのポイント
  • 時価総額1位の仮想通貨ということで比較的リスクが低い
  • フレキシブルステーキングなので、いつでもロックを解除できる

ビットコインのBinanceのフレキシブルセービングの利回りは、2022年11月時点で、1.5%です。

バイビットの場合は、4.5%なので、バイビットがオススメです。

BTCのステーキング

Binanceの場合

  • 利回りは、1.5%

Bybitの場合

  • 利回りは、4.5%

3位:イーサリアムの2.0ステーキング(利回り約1~3%)

オススメのポイント
  • 時価総額2位の仮想通貨ということで比較的リスクが低い
  • 最大利回り11.2%と高利回り
  • ただし、ロック期間があり(6-12ヵ月程度)
イーサリアム2.0
  • イーサリアム2.0とは、イーサリアムの次世代のブロックチェーンです
  • 主な変更点としては、コンセンサスアルゴリズムをPoWからPoSに切り替えることがあります

PoSの切り替えにより、処理スピードの向上とガス代(手数料)が低くなることが期待されています。

ETH2.0のステーキング

Binanceの場合

  • 利回りは、4.4%(2023年1月時点)

【2022年版】オススメのステーキングランキング

それでは早速解説していきます。

利回りに関しては、2022年1月時点の利回りとなりますので、注意してください。

1位:USDT,BUSDのフレキシブルセービング 利回り約7%

オススメのポイント
  • ステーブルコインによるステーキングなので比較的リスクが低い
  • それでいて、年利が5~10%ほどと高い
  • フレキシブルステーキングなので、いつでもロックを解除できる

筆者は、ステーキングのポートフォリオに中心に置くべき存在がこのステーブルコインのフレキシブルセービングだと判断しています。

フレキシブルセービングはBinance(バイナンス)が提供するステーキングサービスの一つです。

月見
月見
  • 仮想通貨の最大のデメリットは、ボラティリティが高いこと
  • なので、元本が大きく割れる可能性がある

しかし、ステーブルコインは、ドルと価格が同じになるように設計されているのでリスクが比較的低いと言えます。

ステーブルコインのフレキシブルステーキングのやり方に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

2位:BitDAOによるBybitローンチプール

オススメのポイント
  • BitDAOを預け入れると、新たなトークンを無料で受け取ることができます
  • それでいて、年利が100%ほどとかなり高い
  • フレキシブルステーキングなので、いつでもロックを解除できる

筆者は、 Bybitローンチプール利用するBitDAOもステーキングのポートフォリオの一部に組み込んでもよいと考えています。

理由は、年利が高いためです。

月見
月見
  • なんと、年利100%

ただ、BitDAOは以下のチャートに示すようにボラティリティが少々高いので、価格を下げたタイミングで少しずつ預け入れる方法が良いと思います。

あと、受け取れるのが新たなトークンということで、コチラもボラティリティが非常に高いことが予想されます。

また、新規発行された通貨なので、流動性に乏しいものがほとんどで、売却しにくいという側面もあります。

3位:AXSのステーキング

オススメのポイント
  • AXSはメタバース/NFT関連銘柄のため将来性が高い
  • AXSを預け入れると、年利が約90%ほどとかなり高い
  • フレキシブルステーキングなので、いつでもロックを解除できる
  • ただし、バイナンスでステーキングする場合は、一定期間ロックを担保するロックステーキングがオススメ

筆者は、AXSもステーキングのポートフォリオの一部に組み込んでもよいと考えています。

理由は、年利が高いためです。

月見
月見
  • なんと、2022年1月時点で年利89%

AXSのステーキングの方法は、主に二つあります。

  1. Roninによるステーキング
  2. バイナンスでのステーキング

筆者は、なるべくRoninでステーキングした方が良いと判断しています

理由はRoninの方が利回りが高く、フレキシブルだからです。

デメリットとしては、ほんの少し面倒な作業が発生することです。

ただ、そこまで難しい作業ではないです。

バイナンスでステーキングする方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

4位:Pancake Swap の AutoCake

オススメのポイント
  • 仮想通貨CAKE年利が65%ほどとかなり高い
  • フレキシブルステーキングなので、いつでもロックを解除できる

筆者は、AXSもステーキングのポートフォリオの一部に組み込んでもよいと考えています。

理由は、年利が高いためです。

月見
月見
  • なんと、2022年1月時点で年利64.93%

仮想通貨CAKEをステーキングするには、PancakeSwapが良いです。

Pancake Swapとは?
  • 分散型取引所(DEX)の一つ
  • バイナンススマートチェーンで構築されており、手数料が非常に低い

詳細説明は割愛しますが、とにかく手数料が安い取引所だということです。

ただ、一点煩わしい部分があって、メタマスクなどのウォレットが必要です。

詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

5位:SAND(サンド)のロックステーキング

オススメのポイント
  • SANDはメタバース/NFT関連銘柄のため将来性が高い
  • AXSを預け入れると、年利が約10%ほどと高い

筆者は、SANDの将来性を高く判断している方で、長期保有を予定している方は、オススメと判断しています。

そうでないのであれば、あえてポートフォリオに組み込む必要はないと判断しています。

SANDは、The Sandboxと呼ばれるゲームで使用可能な仮想通貨です。

月見
月見
  • 2021年頃からアディダスと提携するなど注目を集めている

SANDの詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

SANDをステーキングする方法は、以下二つあります。

  1. Bybitによるステーキング
  2. バイナンスでのステーキング

Bybitは売り切れなので、オススメはバイナンスでのステーキングです。

Bybitでステーキングする方法は、以下です。

バイナンスでステーキングする方法は、以下です。

6位:SOL(ソラナ)のロックステーキング

オススメのポイント
  • SOLイーサリアムキラーと呼ばれており、将来性が高い
  • SOLを預け入れると、年利が約10%ほどと高い

筆者は、ソラナの将来性を高く判断している方で、長期保有を予定している方は、オススメと判断しています。

そうでないのであれば、あえてポートフォリオに組み込む必要はないと判断しています。

ソラナは、イーサリアムよりも処理速度が速く手数料が低いため、現在非常に注目を浴びている仮想通貨です。

2021年の成長率は、300倍以上と脅威の成長を誇っています。

ソラナのステーキングはバイナンスで行うことができます。

7位:Polygon/MATIC(マティック)のロックステーキング

オススメのポイント
  • Polygonはイーサリアムのレイヤー2銘柄でm将来性が高い
  • Polygonを預け入れると、年利が約10%ほどと高い

筆者は、ポリゴンの将来性を高く判断している方で、長期保有を予定している方は、オススメと判断しています。

そうでないのであれば、あえてポートフォリオに組み込む必要はないと判断しています。

ポリコンは、イーサリアムの課題であった処理速度が遅いことと手数料が高い問題を解決するために、開発されたブロックチェーンです。

ソラナはレイヤー1なのに対し、Polygonはイーサリアムのレイヤー2です。

すなわちイーサリアムとの拡張性が非常に優れているのが特徴です。

詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

【2022年版】オススメのステーキングのポートフォリオは?

  • BUSDのフレキシブルステーキング:40%
  • USDTのフレキシブルステーキング:40%
  • BitDAOによるBybitローンチプール:10%
  • AXSステーキング:10%

このポートフォリオで年利が約25%狙えます。

しかもほとんどがステーブルコインなので、かなり価格も安定すると思います。

ここから、仮に仮想通貨が暴落したら、ちょっとずつ仮想通貨を買い増ししていく。

そして、上昇したタイミングでこの割合になるようにステーブルコインのフレキシブルステーキングの割合を増やし、帳尻をあわせるという戦略がかなり安定すると思います。

2022年仮想通貨市場の見通しは?

  • 筆者は、2021年に引き続き上昇トレンドが継続すると考えています

なぜなら、メタバースやNFTなどすでに実用性のある新たなマーケットが生まれてきており、急成長する可能性が高いと判断したためです。

マイクロソフトやメタなど世界の超大手企業から注目を浴びるていることから、しばらくはこの傾向が続くと推定されます。

また、ゴールドマンのグローバルFX・EM戦略(共同)責任者のザック・パンドル氏も、ビットコイン価格が10万ドル(約1150万円)に達するシナリオを想定しているとの記事も出ています。

月見
月見
  • なので2022年は、引き続き仮想通貨市場は成長する可能性が高いと判断している方多いと言えます

詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

2022年のオススメ銘柄は?

筆者の考えるオススメ銘柄は、以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、オススメのステーキングの銘柄ランキングについて解説しました。

ステーキングの方法

基本的には、海外取引所でステーキングすることをおすすめします。

理由は、銘柄数が豊富であることと、利回りが高いためです。

国内取引所

取引所種類利回りオススメ度公式サイト
Coincheckレンディング14日:1%
30日:2%
90日:3%
180日:4%
365日:5%
★★★★★Coincheck公式サイト
Coincheckステーキング(中止中)
bitbankレンディング年間最大3%★★★★★bitbank公式サイト
GMOコインレンディング1ヶ月コース:1%
3ヶ月コース:3%
COSMOS:8%
プレミアム:15%以上
★★GMOコイン公式サイト
OK Coin JapanIOSTのステーキング最大8.88%★★★OK Coin Japan公式サイト

海外取引所

取引所種類利回りオススメ度公式サイト
Binanceステーキング
数百種類以上
0.5~200%★★★★★Binance公式サイト
Bybitステーキング
数百種類以上
0.5~200%★★★★★Bybit公式サイト
OKXステーキング
数百種類以上
0.5~200%★★★OKX公式サイト
PancakeSwapステーキング
数10種類以上
0.5~100%Pancakeswapコイン公式サイト

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました