CryptocurrencyUSDT

【2024年最新】USDT・USDCステーキング徹底比較!利回りが高いおすすめ取引所は?

Cryptocurrency
xr:d:DAGBDNDpqyM:14,j:1954986203143250050,t:24040600

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

この記事では、USDT・USDCステーキング徹底比較!利回りが高いおすすめ取引所について解説します。

ステーブルコインは価格変動が少なく、ステーキングで安定した利回りが期待できるため、多くの投資家から注目されています。

この記事では、USDT・USDCステーキングのメリットやリスク、そして利回りが高いおすすめの取引所を詳しく解説します。

よってこのようなお悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

  • USDT・USDCのステーキングで利回りが高い取引所は?
  • 簡単に手続きできる取引所は?
  • 国内取引所でステーキングできるの?

現在、Bybitであれば、今なら年利100%で運用できるので今がチャンスです。

参考:BybitでUSDTをステーキング

USDT・USDCとは?

USDT(テザー)とUSDC(USDコイン)は、どちらも米ドルと連動するように設計されたステーブルコインです。その主な特徴は以下の通りです。

  • USDT,USDCともに1ドルに価格が、固定されている

両者の違いを比較した表を以下に示します。

項目USDT(テザー)USDC(USDコイン)
発行元Tether Limited社(香港)Circle社とCoinbase社(米国)
発行年2015年2018年9月
価格の安定性1USDT=1米ドルを維持1USDC=1米ドルを維持
価値の担保発行量と同量の米ドルを保有発行量と同量の米ドルを保有
時価総額ランキングステーブルコイン中1位、暗号資産全体で3位ステーブルコイン中2位、暗号資産全体で7位
主な用途海外取引所の基軸通貨、決済手段暗号資産取引、国際送金など
発行元の信頼性やや劣る高い(会計の透明性に定評)
ブロックチェーンビットコイン、イーサリアムなど複数イーサリアム

USDT・USDCどちらへの投資がオススメ?

USDTとUSDCのどちらが投資に適しているかは、個人の投資目的やリスク許容度によって異なります。以下の点を考慮して判断するとよいでしょう。

項目USDT(テザー)USDC(USDコイン)
時価総額ランキング3位7位
ステーキング利回り比較的高い比較的低い
裏付け資産現金、現金同等物、債券等現金と短期米国債
透明性疑惑があり、訴訟も起きている毎月の監査を実施し、高い透明性
規制への対応消極的積極的に現行規制に準拠
対応ブロックチェーン複数(ビットコイン、イーサリアムなど)当初はイーサリアムのみ、現在は複数
主な用途取引所での取引ペア、国際送金取引所での取引ペア、DeFiでの利用
信頼性Tether社の不透明な運営により信頼性に疑問発行元の高い信頼性と透明性から信頼度が高い

以上の点を総合的に判断すると、信頼性と透明性を重視するならUSDC、利回りや流動性と利便性を重視するならUSDTがオススメと言えます。ただし、ステーブルコインはあくまでも価値の保存を目的とした通貨なので、投資としての魅力は限定的です。

米国のステーブルコイン(USDT・USDC)法案とは?

米国議会が2023年中にステーブルコイン法案を可決する公算が高まっています。与野党双方から法案への支持が示されており、最終合意に近づいているとのことです。仮想通貨に批判的だった議員からも法案支持が表明されています。法案が可決されれば、以下の影響が考えられます。

法案が可決の場合の影響
  • ビットコイン現物ETFの承認以上に、仮想通貨の主流化を後押しする
  • 大手銀行などが本格的に仮想通貨分野に参入し、個人・企業の利用が拡大
  • ステーブルコインによる決済が一般化し、スピードと低コストが実現
  • イーサリアム、ソラナなどのレイヤー1ブロックチェーンへの投資が有望視される

法案可決を後押しする主な要因は以下の通りです。

法案が可決の後押し要因
  • ステーブルコインが米ドルの基軸通貨地位を維持する一助となる
  • ステーブルコイン発行企業が米国債の重要な買い手
  • ステーブルコイン事業の高い利益率
  • ウォール街がステーブルコイン事業参入に向けロビー活動

ステーブルコインの利点と法案可決による影響を比較すると、以下のようになります:

利点法案可決の影響
米ドル基軸通貨地位維持仮想通貨の主流化が加速
米国債の重要な買い手大手金融機関の参入
高い事業利益率個人・企業の利用拡大
ブロックチェーン投資の機会増加

法案可決により、仮想通貨が主流化する大きな一歩となる可能性が示唆されています。

参考:Bitwise最高投資責任者「米国でステーブルコイン法案可決なら、甚大な影響を及ぼし得る」

USDT・USDCは国内取引所で入手可能?

現在、日本の主要な仮想通貨取引所ではUSDTやUSDCを直接購入することはできません。主な理由は以下の通りです。

  • 日本の規制上、ステーブルコインの取り扱いが制限されているため。
  • USDTやUSDCは海外の企業が発行しているため、日本の取引所での上場が難しい状況にある。

USDTやUSDCを入手するには、以下のような手順を踏む必要があります。

USDT・USDCの購入方法
  • 1
    購入
    1. 日本の取引所で、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨を購入する
  • 2
    送金する
    1. 購入した仮想通貨を、USDTやUSDCを取り扱っている海外の取引所(Bybit、Bitgetなど)に送金する。
  • 3
    USDT/USDCの購入

    外取引所で、送金した仮想通貨を使ってUSDTやUSDCを購入する

送金方法の詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【5分で完了】Bybit(バイビット)への手数料を低く送金する方法がわからない方へ分かりやすく解説|日本円で送金できないの?

USDT・USDCステーキングとは?

まず、USDT・USDCステーキングの基本的な仕組みについて説明しましょう。

  • ステーキングとは、保有する暗号資産を取引所やウォレットにロックアップ(預ける)することで、利息を得られる仕組みです。

USDTやUSDCなどのステーブルコインは、価格が1ドルに固定されているため、ステーキングで安定した利回りを得ることができます。

  • USDT:Tetherという企業が発行するステーブルコインで、世界で最も取引量が多いステーブルコインです。
  • USDC:Circle社とCoinbase社が共同で発行するステーブルコインで、透明性の高さが特徴です。

どちらも1ドル=1コインのペッグ制を採用しており、価格変動リスクが低いのが魅力です。

USDT・USDCステーキングのメリット

では、USDT・USDCステーキングのメリットを見ていきましょう。

  • 安定した利回りが得られる
    ステーブルコインは価格変動が少ないため、ステーキングで安定した利回りを得ることができます。金利は取引所によって異なりますが、年率2~12%程度が一般的です。
  • 複利効果で資産が増えていく
    ステーキングで得た利息を再投資することで、複利効果によって資産を増やすことができます。長期的に運用することで、大きなリターンが期待できるでしょう。
  • 為替リスクがない
    USDTやUSDCは米ドルとペッグしているため、為替リスクがありません。日本円の預金金利が低い現在、ドル建てのステーキングは魅力的な選択肢と言えます。
  • 手軽に始められる
    ステーキングは、取引所やウォレットに暗号資産を預けるだけで始められます。複雑な操作は不要で、初心者でも手軽に始めることができるでしょう。

USDT・USDCステーキングのリスク

一方で、USDT・USDCステーキングにはリスクもあります。

  • 取引所のセキュリティリスク
    ステーキングは取引所に暗号資産を預ける必要があるため、取引所のハッキングなどのセキュリティリスクがあります。信頼できる取引所を選ぶことが重要です。
  • 規制のリスク
    暗号資産は規制が変更されるリスクがあります。将来的に規制が強化され、ステーキングができなくなる可能性もゼロではありません。
  • 金利変動のリスク
    ステーキングの金利は、取引所の判断で変更される可能性があります。金利が下がれば、利回りも下がってしまうリスクがあるのです。
  • ステーブルコインのデペッグリスク
    USDTやUSDCは米ドルとのペッグを維持していますが、完全にリスクがないわけではありません。テザー社の準備金不足などが発覚すれば、ペッグが崩れる可能性もあります。

以上のようなリスクを理解した上で、自己責任でステーキングに取り組むことが大切です。

USDT・USDCステーキングの利回りが高いおすすめ取引所

それでは、USDT・USDCステーキングの利回りが高い取引所を比較していきましょう。ここでは、Bybit、Bitget、MEXCの3つを取り上げます。

項目BybitBitgetMEXC
設立年2018年2018年2018年
本拠地シンガポール(現在はドバイ)シンガポールシーシェル
取扱銘柄数270種類以上200種類以上1400種類以上
現物取引手数料Maker/Taker 0.1%Maker/Taker 0.1%Maker 0.2% / Taker 0.2%
先物取引手数料Maker 0.02% / Taker 0.055%Maker 0.014% / Taker 0.042%Maker 0.02% / Taker 0.06%
最大レバレッジ100倍125倍200倍
USDT積立ステーキング最大12%ほど最大5%ほど最大8.8%ほど
USDTロック期間フレキシブル、30日、60日、90日7日、14日、30日、60日、90日フレキシブル
USDC積立ステーキング最大8%ほど最大5%ほど最大0.85%ほど
USDCロック期間フレキシブル、30日、60日、90日7日、14日、30日、60日、90日フレキシブル
特徴柔軟なロック期間、高い利回り高い流動性、豊富な取引機能草コイン銘柄が豊富、高レバレッジ

Bybit

Bybitは、シンガポールに本拠を置く暗号資産デリバティブ取引所です。USDTとUSDCのステーキングに対応しており、利回りは最大12%と高水準です。また、柔軟なロック期間が設定されているため、自分のニーズに合わせて運用できるのが魅力です。

項目内容
USDT・USDCの利回り最大12%ほど
ロック期間フレキシブル、30日、60日、90日
最低ステーキング額100USDT/USDC
特徴柔軟なロック期間、高い利回り

参考:Bybitでステーキング利回りを確認

Bitget

Bitgetは、シンガポールに本拠を置く暗号資産デリバティブ取引所で、2018年に設立されました。USDTとUSDCのステーキングに対応しており、利回りは最大15%と非常に高水準です。また、ロック期間が柔軟に設定されているため、自分のニーズに合わせて運用できます。

項目内容
USDT・USDCの利回り最大5%ほど
ロック期間フレキシブル、30日、60日、90日
最低ステーキング額100USDT/USDC
特徴高い利回り、柔軟なロック期間

参考:Bitgetでステーキング利回りを確認

MEXC

MEXCは、シーシェルに本拠を置く暗号資産取引所で、2018年に設立されました。USDTとUSDCのステーキングに対応しており、利回りは最大8.8%と高水準です。また、ロック期間がフレキシブルに設定されているため、短期的な運用に適しています。

項目内容
USDT・USDCの利回り最大8.8%
ロック期間フレキシブル
最低ステーキング額100USDT/USDC
特徴高い利回り、短めのロック期間

以上が、USDT・USDCステーキングの利回りが高いおすすめ取引所の比較です。それぞれの取引所には特徴があるので、自分のニーズに合った取引所を選ぶことが大切ですね。

参考:MEXCでステーキング利回りを確認

USDT・USDCステーキングの税金

USDT・USDCステーキングで得た利息には、税金がかかります。

日本の場合、暗号資産の利息は「雑所得」として課税対象になります。税率は、所得税が5~45%、住民税が10%です。ただし、利息収入が年間20万円以下の場合は、所得税は非課税になります。

  • 暗号資産の利息は「雑所得」

また、損失が出た場合は、他の雑所得と通算して損益を計算することができます。

税金の計算は複雑なので、詳しくは税理士に相談することをおすすめします。

USDT・USDCステーキングの始め方

最後に、USDT・USDCステーキングの始め方を簡単に説明しましょう。

USDT・USDCステーキングの始め方
  • 1
    取引所に登録する
    1. まず、USDT・USDCステーキングに対応している取引所に登録します。本人確認などの必要な手続きを済ませましょう。
  • 2
    USDT・USDCを取引所に送金する
    1. 次に、USDT・USDCを取引所に送金します。他の取引所やウォレットから送金する場合は、送金手数料がかかることがあるので注意しましょう。
  • 3
    ステーキングを開始する

    取引所のステーキングページから、ステーキングしたい金額とロック期間を選択します。あとは、利息が付与されるのを待つだけです。

  • 4
    利息を受け取る

    利息は、ステーキング期間が終了すると自動的に付与されます。受け取った利息は、再投資することもできますし、他の暗号資産に交換することもできます。

取引所の登録は以下から可能です。

お得なキャンペーンコードが適用されるコードとなります。ぜひ活用ください。

取引所利回り公式サイト
Bybit最大12%ほどLink
Bitget最大5%ほどLink
MEXC最大8.8%ほどLink

以上が、USDT・USDCステーキングの始め方です。手順は簡単なので、初心者でも気軽に始められるでしょう。

まとめ

今回は、2024年最新のUSDT・USDCステーキングについて、徹底的に比較してきました。ステーブルコインのステーキングは、安定した利回りが期待できる一方で、リスクもあることを理解しておく必要があります。利回りが高いおすすめ取引所としては、Bybit、Bitget、MEXCを紹介しました。それぞれの特徴を理解した上で、自分のニーズに合った取引所を選ぶことが大切です。また、ステーキングで得た利息には税金がかかることも忘れてはいけません。税金の計算は複雑なので、専門家に相談することをおすすめします。USDT・USDCステーキングは、暗号資産投資の選択肢の一つとして注目されています。リスクを理解した上で、自己責任で取り組んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました