Python

Django マイグレーションとは?|python manage.py migrateについて解説

Python

この記事では、Djangoのマイグレーションについて解説します。

そのため、こんな悩みを解決するための記事となっています。

悩んでいる人
悩んでいる人
  • Djangoのマイグレーションってなに?
  • python manage.py migrateって一体なにやってるの?

Djangoのマイグレーションとは?

  • 管理画面が使う上表をデータベースに自動的に作成・管理する機能です。

自分で1からこの作業をやろうとすると結構面倒なんです。

そのため、Djangoでは、自動でできるようにこの機能を実装してくれているというわけです。

つまり、Djangoを使えば、ある程度面倒な作業をある程度省略化して、Webアプリケーションを構築することができるということです。

Djangoのマイグレーションの方法は?

  • python manage.py migrate で可能です。

実際にやってみましょう。

Djangoのインストール

インストールしてないよって方は、以下のコマンドをコマンドプロンプトやターミナルで入力してインストールしてください。

pip install django

projectの作成

コマンドラインから、コードを置きたい場所に cd で移動して、以下のコマンドで作成可能です。

django-admin startproject mysite

この場合は、mysiteというプロジェクト名になります。

プロジェクト名は、任意で作成可能です。

マイグレーション

以下のコマンドでマイグレーションすることが可能です。

python manage.py migrate

実行結果は以下のようになります。

ここで一点、ポイントがあります。

manage.py makemigrations

というコマンドがあります。

これは、マイグレーションファイルを作成するコマンドです。

公式ドキュメントの解説は以下です。


migrate は、マイグレーションを適用したり、適用をキャンセルするのに使います。
makemigrations は、モデルに対して行った変更をもとに、新しいマイグレーションを作成します。
マイグレーション | Django ドキュメント | Django

Djangoをもっと勉強したい

そんな方には、こちらの本がおすすめです。

とてもわかりやすく、筆者もDjangoを使うときは、参照することが多いです。

手元にあると、非常に助かる本だと思います。

created by Rinker
横瀬 明仁
¥1,600 (2021/09/17 23:26:03時点 Amazon調べ-詳細)

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました