Python

Python ライブラリ|よく使うものまとめ

Python

はじめに

Python ライブラリでよく使うものって何?と悩んでいる方、いらっしゃると思います。
基本的には、私は「Anaconda」のインストールをオススメしています。なぜなら、Python ライブラリでよく使うものざっくりとインストールでるので、迷わなくて済むためです。
ライブラリでよく使うものについて初心者の方向けに、主に機能を解説したいと思います。

Anaconda

機能一覧

ライブラリ機能
NumPyベクトルや行列など簡単な表記で計算できるライブラリです。
Matplotlibデータ可視化用のライブラリです。グラフの描画で主に使用します。
pandasデータ分析・解析用のライブラリです。データの読み込みや加工などの前処理でよく用います。
scikit-learn機械学習用のライブラリです。訓練データとテストデータへの分割やスケーリングなどの前処理もscikit-learnで行うことができます。
ライブラリ一覧

基本的に分析の過程では、これらのライヴラリを組み合わせて、実施します。

ライブラリのインストール方法

NumPy、Matplotlib、pandas、は「Anaconda」をインストールすると、初期からインストールされています。
なので、scikit-learnのインストール方法を解説します。

コマンドラインで以下を入力するだけで、インストール可能です。
MacOS/WindowsOS両者やり方は同じです。

# pipでインストールする場合
pip install scikit-learn

# anacondaでインストールする場合
conda install scikit-learn

ライブラリの使い方についてオススメの書籍|Python実践データ分析100本ノック


これらのライブラリを使ってどうやって活用するのかという具体的な内容を知りたい方には、以下の書籍をオススメしています。なぜなら、ビジネス現場でありがちな問題ケースをPythonを使って解決するという実践的な内容でライブラリを活用しているためです。なので、ビジネスマンの方でデータ分析したい方には、非常に参考になると思います。

Python実践データ分析100本ノック | 下山輝昌, 松田雄馬, 三木孝行 | 工学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで下山輝昌, 松田雄馬, 三木孝行のPython実践データ分析100本ノック。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました