Cryptocurrency

仮想通貨OMGはどこで買えるのか?今後の見通しを分析する

Cryptocurrency

この記事では、仮想通貨OMGについて解説します。

  • 仮想通貨OMGは2021年4月にCoincheckに上場しました。

そのため、4月7日より購入することができます。

ただ、気になるのは、OMGの今後の見通しですよね。

そんなOMGの将来性について分析していきたいと思います。

仮想通貨OMGはどこで買えるのか?

  • 仮想通貨OMGは、Coincheckで購入可能です

詳細は、こちらの記事を参考にしてみてください。

コインチェックがOMGを上場、取り扱い暗号資産は16種類に | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン
暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するコインチェックは7日、暗号資産の「OMG」の取り扱いを開始した。これで同社が扱う暗号資産の種類は16に増えた。 コインチェックが7日午後に取り扱いを始めた通貨は、オーエムジー(OMG)で、ティッカーシンボルは「OMG」。 コインチェックによると、OMGは通貨や資産の管理、送金を低コス...

仮想通貨OMGとは?

仮想通貨OMGとは、以下が特徴です。

  • 『OMG Network』のネイティブトークン
  • 『OMG Network』はイーサリアムのセキュリティを損なうことなくより安くて高速な金融サービスの提供が狙い

仮想通貨OMGの将来性は?

タッチ スクリーン, 指, 技術, コンセプト, システム, クラウド, スマートホーム, 接続, レコード

大手企業との連携に鍵があり?

2020年6月

  • SCB 10X
  • トヨタファイナンシャルサービス
  • 三井住友フィナンシャルグループ

が総額8000万ドルをSYNQAに出資したことが発表されました。

SYNQAは、シンガポール拠点のホールディングス企業で、OMGのブロックチェーン技術の開発・運営をしている会社です。

こういった企業との連携で新しいサービスを生み出すことができれば飛躍的に成長を遂げるかもしれません。

例えば、車とブロックチェーンの組み合わせによるあらたなサービスなどです。

走行距離に応じて自動で請求するカーシェアリングサービスなどが生まれるかもしれません。

ブロックチェーン技術を使えば様々なサービスに応用可能な可能性が生まれるのです。

仮想通貨OMGのテクニカル分析

日足チャート

ブルーのトレンドラインを意識した、上昇トレンドであることがわかります。

現在は、MA5とMA20が大幅に乖離して、非常に乱高下する状況と言えます。

注意しましょう。

仮にエントリするのであれば、このトレンドラインにタッチしたタミングが良いかもしれません。

ピッチ・フォーク

次に意識されているのが、このラインです。

下限青のラインに4/4にタッチしたあと、反発。

コインチェックへの上場が発表されるとともに大きく価格をあげ上限にタッチしていることがわかります。

今後もこのラインを意識したトレードが行われる可能性があります。

フィボナッチ・リトレースメント

直近意識されている、サポートラインを確認します。

まず意識される点は、0.236のライン8.16ドルです。

日本円で約900円のラインです。

ここまでは瞬発的に下落する可能性があるので、注意しましょう。

モメンタム

次にモメンタムを確認します。

モネンタムは少々下落しています。

現在保有しているかたは、利益確定を検討しても良いかもしれません。

急激な上昇の際は、このモネンタムが下落の先行指数として寄与する傾向があるので、確認しておくと良いでしょう。

RSI

RSIは70を突破してきてきます。

短期的には、利益確定の可能性が高まっているので下落には注意しましょう。

仮想通貨OMGのまとめ

仮想通貨OMGはどこで買えるのか?

今後の見通しは?

という観点で分析を進めてきました。

その結果、仮想通貨OMGは、Coincheckで購入可能です。

また、将来の見通しに関しては、大手企業との連携がキーとなりそうですね。

テクニカル的には、短期的には、利益確定の動きがあるのではないかと予想します。

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました