Cryptocurrency IOST

IOSTとDeFiの関係とは?価格上昇の鍵を握っている重要な技術とは?

Cryptocurrency

2020年頃から、話題となっているDeFiですが、IOSTも非常に関係があることはご存知でしょうか?

IOSTは、DeFiプロジェクトへ100万ドル(1億円相当)の助成金を提供し、ファンド「Noah Oracle Fund」を設立するなど積極的な投資。

  • なぜ、IOSTは、DeFiプロジェクトへ資金を投じるのでしょうか?

この記事では、その理由について解説したいと思います。

DeFiとは?

ビルマ, ミャンマー, 平和, 仲介します, 調停, 仲介, 交渉, 三人, 手を握る

DeFiとは、金融仲介を排除する金融アプリケーションです。

金融仲介とは、お金の借り手と貸し手の仲介を行うことです。

この仲介を人や機関が担当するとコストが高くなるといった課題があります。

それをスマートコントラクトで代替することで、コストダウンを狙うとともに、仲介機能の信頼性及び決済スピードの向上を狙ったものです。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、契約条件の締結や履行を、プログラムによって自動で実行される仕組みを指します。

DeFiによって生まれる新たなサービスの例

分散型取引所(DEX)

暗号資産取引所では、ユーザーはドルをビットコインなどに取引することができます。

ここで重要なのは、DEXはユーザーを直接つなげるということです。

ユーザー同士が暗号資産を取引できるので、仲介業者にお金を委ねる必要がないということです。

これにより以下二点のメリットがあります。

メリット

  • 決済手数料を無料にすることが可能
  • 中央集権取引所のセキュリティリスクを減らすことが可能

レンディング(貸付)プラットフォーム

貯金箱, ゴールド, お金, ファイナンス, 銀行, 通貨, 現金, 豚, 投資, 富, 貯蓄, 金融, 保存

スマートコントラクトを使うことで、暗号資産をレンディング(貸付)をすることができます。

DeFiでは、銀行などの仲介なく貸し出すことができるため、その金利を貸し手が得られる仕組みとなっています。

IOSTとDeFiの関係とは?

ここで気になるのが、IOSTとDeFiがどのような関係性をもっているか?という点ですよね。

IOSTはDeFiと非常に相性の良い暗号資産であると言えます。

なぜなら、IOSTとは、”Proof of Believability”を基盤とする分散型ブロックチェーンネットワークだからです。

Proof of Believabilityとは?

Blockchain, ブロック, チェーン, 技術, コンピュータ, シンボル, ネットワーク, 接続
  • Proof of Believability(PoB)とは、高速な処理能力と非中央集権性を可能とする、コンセンサスアルゴリズムです。

DeFiにとっては、この高速な処理能力と非中央集権というのが、非常に重要です。

なぜなら、ネットワーク自体の情報処理スピードは、コンセンサスの合意のスピードに直結するためです。

また、DeFiとは、「分散型金融」の意味であり、銀行などを排除することを目的としています。

つまり、非中央集権であることが、前提となっているためです。

IOSTのDeFiへの実績とは?

ブロックチェーン, レコード, ブロック, インテリジェンス, 脳, 歯車, 家, スマートホーム

2019年

  • クロスチェーンステーブルコインiUSDの発行
  • Paxos Standard ($PAX)やGemini USD ($GUSD)などの他のステーブルコインをIOSTチェーン上で管理・使用が可能に
  • IOST DEX(分散型取引所)をリリース

2020年

  • レンディング分野でDeFi用のブロックチェーンを構築しているBidaoとのパートナーシップ
  • Chainlinkと提携し、IOSTネットワーク上でdAppを構築する際にオフチェーンのデータを使用を可能に
  • 100万ドル(1億円相当)のファンド「Noah Oracle Fund」の助成金
  • DeFi Incentive Program 2.0(6億円のファンド)

2021年

Polkadotとは?

Polkadot-rogo
  • ポルカドットとは、Web3.0という世界の実現を目指すプロジェクトを指します。

そこのシステムで運用される通貨も、ポルカドットと呼ばれています。

2021年に入りIOSTのエコシステムとポルカドットのエコシステムの接続を検討しており、2021年3月現在、DOT―IOSTブリッジの構築が最終フェーズに入ったとの発表がありました。

仮想通貨IOSTを購入するには

主に二つの購入方法があります。

バイナンス

バイナンス(Binance)仮想通貨取引所の登録・取引開始最強マニュアル | EIKING ASIA

手数料の低い:バイナンス

バイナンスは、手数料が低く、取り扱い銘柄の数も豊富なので、おすすめの取引所です。

手数料が高い販売所経由の購入は、投資利益率が悪くなるので注意しましょう

手数料が比較的に低い取引所での仮想通貨売買をおすすめします。

コインチェック

ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

信頼性の高い:Coincheck

日本国内でもっとも豊富な仮想通貨の取り引き種類数を誇っています。

日本で、仮想通貨取り引きを行うのであれば、口座開設しておいて間違いないかと思います。

CoincheckでもIOSTを取り扱っているので、口座開設後購入が可能です。

こちらはバイアンスと異なり日本金での入金が可能です。

IOSTとDeFiの関係のまとめ

IOSTは、DeFiと非常に相性の良い暗号通貨です。

その理由としては、Proof of Believabilityです。

従来技術であるイーサリアムのスマートコントラクトと比較し、高速であるという点で差別化が見込める通貨と言えます。

コメント

  1. […] IOSTとDeFiの関係とは?価格上昇の鍵を握っている重要な技術とは?2020年頃から、話題となっているDeFiですが、IOSTも非常に関係があることはご存知でしょうか?IOSTは、DeFiプロジェクトへ […]

タイトルとURLをコピーしました