Cryptocurrency XRP

リップル再び上昇。今後の展開は?

Cryptocurrency

2021年4月14に時点のリップルの見通しを分析したいと思います。

前回2021年4月13日の分析結果は、以下です。

リップルは展開速度が加速した

前回の2021年4月13日の分析では、1時間足のチャートから、196円を高値に一旦調整するとの見通しでした。

大方、そのような展開になったものの4/14日の12時くらいに一気に上に抜けました。

このまま長期トレンドを継続する可能性が高いことから、さらに上昇するとの見立てです。

フィボナッチ・エクステンション

一時間足で確認すると、211、218、224円あたりで一旦揉む可能性が出ています。

どこで揉むかは、かなり推測しにくいです。

この3点で揉んだ場合は、192円付近まで下落する可能性があるので、注意しましょう。

今後の展開予想は?

パターン1とパターン2が40%ずつで、その他が20%の確率くらいと筆者は分析しています。

仮に211円付近を高値にしたパターンを想定します。

パターン1:上昇トレンド継続

一旦調整し、前回のレジスタンスラインがサポートラインに変わったタイミングで買いが入るパターンを予想しています。

パターン2:三角保ち合い

別のパターンとしては、このような三角保ち合いの可能性を予想しています。

ビットコインの上昇が仮想通貨全体を後押し

今回の上昇には、ビットコインの市況がよいことから、仮想通貨全体的に価格が上がっている状況と推定されます。

このようなときは、わりかし何を買っても上昇しやすい傾向があると言えるでしょう。

今後、お持ちのあるとコインが高騰した場合には、少しずつビットコインの保有割合を増やし、あるとコインの乱高下には、付き合わない戦略が無難ではないか?と推定しています。

あるとコインの暴騰のあとには、調整で一気に下げる展開が多いです。

注意しましょう。

リップルの購入方法は?

国内取引所であれば、Coincheckがおすすめです。

手数料も比較的安く、何より、取り扱っている仮想通貨の量が非常に多いためです。

ぜひチェックしてみてください。

まとめ

リップルの今後の展開としては、211、218、224円あたりで一旦揉む可能性が出ています。

その後は、前回のレジスタンスラインがサポートラインに切り替わったタイミングのでエントリーがよいでしょう。

今後の展開としては、上昇トレンド継続か、三角保ち合いの可能性が40%ずつ。

その他の展開が20%と予想しています。

今回の記事は、以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました