Cryptocurrency Recommend XRP

1,000万XRP以上を保有する『巨大リップルクジラ』の数が増加中?今後の見通しは?ビットコインに資金が流れる?

Cryptocurrency

まずはこの記事を見ていきましょう。

  • 最近は、XRPが非常に買われていました

明日の$SPARKのエアドロップに至るまで、#Rippleのアドレスは急速に伸びている。特に、10 M以上のトークンを持つアドレス(現在567万ドル以上)は、ATH#339にまで上昇しており、これは、最も多くのXRPドルを賭けている層にとって有望に見えます。

参照元:Santimentツイート

『巨大リップルクジラ』なぜ増加?

『巨大リップルクジラ』とは?

1000万XRP以上保有の『巨大リップルクジラ』と呼ばれています。

『巨大リップルクジラ』増加の理由は?

  • 「Sparkトークン」が配布される

2020年11月に入って以降、暗号資産(仮想通貨)XRPの『巨大リップルクジラ』増加の理由は、XRP保有者を対象とした「Sparkトークン」が配布される(所謂「エアドロップ」)ことがあります。Sparkトークン配布の前に、まず「スナップショット」と呼ばれるXRPの所有量を記録するイベントが12月12日に実行され、その後XRP所有量に対して1:1の割合で付与されます。

「Sparkトークン」ってなに?

  • SparkトークンはFlare Networksのネイティブトークン

Flare Networksは、Ripple社の投資部門「Xpring」からの支援を受けて、XRPレジャー上にスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクトです。スマートコントラクトとは、契約条件の締結や履行がプログラムによって自動で実行される仕組みです。 

2020年の8月のFlareのツイートがこちらです。

Flareは、完全でないトークンの価値と、価値とトランザクションスループットを拡張できるネットワーク上のスマートコントラクトの変革力を確実に結び付けます。 XRPから始まります。

Sparkトークンの配布時期は?

Sparkトークンは、2020年12月12日9時時点(日本時間)XRPの保有数量に配布されます。

Sparkトークンの配布後のXRPの価格は?

配布後の2020年12月13日時点でのXRPの価格がこちらです。12日の配布後からサポートラインをした抜けし、現在下落トレンド入りです。しばらくはエントリーは控えた方が良さそうな状況ですね。

RSIを見ても、50をした回ったタイミングです。ここからさらに下落する可能性が高いと言えますね。

25日移動平均線を割り込む状況です。

おそらくここからは一時的にビットコインの方に資金が流れ込むことが予想されますね。

ビットコインの価格

ビットコインは、XRPの下落に合わせて、資金が流れ込んできていますね。ゴールデンクロスしそうな状況です。少し、買っても良さそうです。直近高値を超えるかが確認ポイントですね。なかなか抜けないようなら一旦利益確定を目標で短期トレードしてみますかね

まとめ

巨大リップルクジラの数が増加した理由は、Sparkトークン配布のため。
今後のXRPの価格の見通しは、下落トレンドです。短期的には、ビットコインに資金が流れそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました