Recommend Stocks Trend

アンジェスの株価の今後の見通すためにテラと比較分析してみた

Recommend

本日は、個人投資家に今、大人気のアンジェスの株価の今後の見通しを分析します。なぜアンジェスが2020年11月時点で大人気かというと、株価が2020年の夏に高騰したためです。2020年年始時点で、629円だった株価は、6月末に2492円と3.86倍となりました。


そこで、以下三点の観点でアンジェスの株価を分析したいと思います。

  • なぜアンジェスの株価は高騰したのか?
  • 今後のアンジェスの株価の見通しは?
  • 今は買うべきなのかどうか?

結論

  • アンジェスの株価は高騰した理由は、コロナウイルスによるバイオ株への注目のため。
  • 今後のアンジェスの株価の見通しは、長期は下落の可能性が高いです。短期は、1000〜1650円のボックス相場と判断します。
  • 今は買うべきかについては、短期目線では、アンジェスよりテラの株の購入がおすすめです。なぜなら、テラにとってアンジェスは先行指数であり、そのアンジェスが下降トレンドのレジスタンスラインをブレイクしたため。一方でテラはまだブレイクできていないです。1〜2ヶ月遅れでテラの株価が追いつく傾向にあるので、そろそろテラもブレイクする可能性があります。

アンジェスってどんな企業?

アンジェス株式会社は、遺伝子医薬のグローバルリーダーを目指し、革新的な医薬品開発に取り組むバイオ製薬企業です。

参照元:アンジェス株式会社ホームページ

アンジェスは、日本のバイオベンチャーです。バイオベンチャーのなかでアンジェスは、パイオニアです。2002年に、マザーズ市場に上場して、以下三つの分野のプロジェクトを推進しています。

  • HGF遺伝子治療薬 
  • NFκBデコイオリゴ
  • DNAワクチン 

2020年に入りコロナウイルス感染症の感染防止のワクチン開発をタカラバイオと共同開発をすることを発表しており、現在注目を集めている企業となります。バイオベンチャー全体に言えることですが、コロナウイルスの影響によりバイオベンチャーが注目を浴び、給付金10万円が給付されたことから、個人投資家が低価格な株を購入する流れが、2020年の夏に流行しました。アンジェスもこの恩恵を受け、夏頃に株価がピークを迎えたとみて間違いないでしょう。

ファンダメンタル分析

  • 良い点:盤石な経営基盤
  • 懸念点:営業利益赤字

自己資本比率は、94.6%と盤石な経営基盤と言えます。財務基盤がいいのは、投資ポイントとしてはかかなり魅力的です。時価総額は、1614億円と、皆様と馴染みの強い企業で例えると「鳥貴族」と同じレベルと言えます。

参照元:バフェットコード

売上高は、14.12に最高の約9億円となっています。そこからはまちまちの売上高となっています。また、利益に関しても赤字が続いています。強固な財務基盤があるからこそ、赤字利益でも経営を続けられているということなります。これは、アンジェスだけに限ることではなく、バイオベンチャー全体的にその傾向にあります。将来性への期待から、財務基盤を維持できていると言えます。

そこで、バイオベンチャーで急成長中のテラと比較してアンジェスの状況を確認してみましょう
テラに対して、アンジェスの時価総額は、10倍です。しかし、売上高は1億円程度の差です。一方で営業利益は、両者赤字ですが、テラの方がましですね。個人的には、これだけで判断するとテラに投資したいですね。しかし、テラは、自己資本比率が低いのが懸念点として挙げられます。

テクニカル分析

2020年11月28日現在のアンジェスの株価は、1312円です。サポートラインが1000円付近、レジスタンスラインが1650円です。リスクリワードの観点から、短期的にもあまり投資すべきタイミングでないと言えます。

テラとの比較分析

テラは、高値を切り下げる形の株価チャートを形成している。直近は、底値を固める展開です。650円付近で底値を固めています。三角持ち合いをブレイクしてから、どちらに振れるかが注目のポイント隣そうです。個人的には、アンジェスよりは、投資したいチャート形状かと思います。ただしエントリーする場合は、高値を上にブレイクしてからのエントリーの順張りをおすすめします。

・テラの株価

テラの株価

次に直近2年分のテラとアンジェスの株価をプロットします。

  • 横軸:テラの株価
  • 縦軸:アンジェスの株価

アンジェスとテラは、正の相関があると言えます。つまり、テラの株価が上がれば、アンジェスの株価も連動して上がるという意味です。

アンジェスは、7月から続いていたトレンドラインを11月中旬に上にブレイクしました。
これは、トレンド転換の可能性があると言えます。その場合は、上昇トレンドorボックストレンドです。個人的には、ボックストレンドの可能性が高いと見ています。というのも、上昇トレンドに転じるには何かしらのIR材料が必要なのでは?と推察します。
なので、仮にエントリーするならば、11月上旬 (赤いまるの部分)でのエントリーが最適だったと思います。

・アンジェスの株価

アンジェスの株価

アンジェスの株価は、テラにとっては先行指数と見ることができそうです。
なぜなら以下二点の特徴が株価チャートから確認できるためです。

  • アンジェスは、2020年の3月から上昇トレンドになっているのに対して、テラは、2020年の5月
  • アンジェスは、2020年の5月に一旦ピークを迎えるのに対し、テラは、2020年6月

つまり、テラは、アンジェスに連動する形で遅れて、株価が変動しています。

・テラの株価

テラの株価

まとめ

本日は、個人投資家に今、大人気のアンジェスの株価の今後の見通しを分析しました。
結論としては、以下です。

  • アンジェスの株価は高騰した理由は、コロナウイルスによるバイオ株への注目のため。
  • 今後のアンジェスの株価の見通しは、長期は下落の可能性が高いです。短期は、1000〜1650円のボックス相場と判断します。
  • 今は買うべきかについては、短期目線では、アンジェスよりテラの株の購入がおすすめです。なぜなら、テラにとってアンジェスは先行指数であり、そのアンジェスが下降トレンドのレジスタンスラインをブレイクしたため。一方でテラはまだブレイクできていないです。1〜2ヶ月遅れでテラの株価が追いつく傾向にあるので、そろそろテラもブレイクする可能性があります。

もし、株式投資をこれから始めてみたいという方で、おすすめの証券口座を知りたい方は以下の記事が参考にしてみてください。

これから投資の勉強をしたい方やはじめたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました