Cryptocurrency Free Recommend Trend

リップル 2017年と2020年の比較

three round silver and gold colored coins Cryptocurrency
Photo by Marta Branco on Pexels.com

2020年11月24日リップルが75円を超える高騰をみせた。この形は、2017年待つを思い出す方も多いはずです。そこで、2017年と2020年のリップルのチャート形状を比較し今後の見通しを立てようと思います。

結論

Gui, インターフェイス, インターネット, プログラム, ブラウザー, Www, グラフィック

一旦調整局面に入る可能性が高いと判断します。理由は、2017年の価格チャートと2020年11月のチャートが酷似しており、世界中の投資家がこのチャート形状を意識している可能性が高いためです。
2020年11月25日以降もし、大きく下落する局面を迎えたら、少しずつ分散して投資し、12月末への上昇トレンドの見込みにかけるのはよいのではないでしょうか?

インジケータとしては、2017年は、MACDが機能していたので、2020年もMACDベースでの決済を考える。

比較結果

矢印, マーケティング, 戦略, スタートアップ, 社会的なメディア, オンライン, ビジネス

2017年と2020年のリップルのチャート形状の比較結果より、非常に似ています。世界中の方が、まず気にするのは2017年12月のチャートだと思います。
2017年を再現するのであれば、ここは一旦下落の可能性が高いと言えますね。

2017年12月のチャート

参照元:Trading View

2020年12月のチャート

参照元:Trading View

2017年は400円近く付けたリップルですが、今後の価格が気になりますよね。
下落には気をつけて、分散投資でリスクヘッジしましょう。

2017年のリップル

リップルは、2017年の年末から2018年の年始にかけて、400円近い価格に到達しました。
その時私も投資をしており、ものすごい利益がでました。
しかし、その後ものすごい下落で、利益が溶けるようになくなっていきました。
投資は、面白い反面、リスクもあるので、注意しなくてはならないと痛感させらた年でした。

このときは、MACDがかなりよいインジケータとなりました。2020年もMACDを参考にトレードすると、大きく利益が取れる可能性があります。参考にしてみてください。個人的には今後は、MACDの差分(MACDヒストグラム)が減少に転じてから4日目に買いでエントリー(分散して)するのがよいかと思います。デッドクロスしたら即売りでよいかと思います。

Amazon | GAOHOU リップルコイン XRPコイン XRP CRYPTO 記念コレクターコイン コレクションギフト 通販
GAOHOU リップルコイン XRPコイン XRP CRYPTO 記念コレクターコイン コレクションギフトの通販ならアマゾン。コイン・貨幣収納の人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送!

参考

こちらの記事でリップルの今回の高騰理由をまとめています。よろしければ、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました