Cryptocurrency

仮想通貨と暗号資産の違いとは?最短で理解するための解説

Cryptocurrency

仮想通貨と暗号資産の違いは、ありません。

ではなぜ二つの言葉があるのか?という点について解説したいと思います。

日本では、2019年の法改正がきっかけ

研究, 弁護士, 右, 法務, 学ぶ, 仕事, 学生, 本, 正義, 書きます, 法律
  • 2019年の法改正がきっかけで仮想通貨のことを暗号資産と呼ぶようになりました。

その法改正とは、以下です。

  • 「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」(令和元年法律第28号)が5月31日に成立し、6月7日に公布

この改正により、仮想通貨のことを暗号資産と呼ぶ事になったのです。

この背景というのが、そもそも国際的には、以下の流れで呼び名が変わってきたということがあります。

  • 「Virtual Currency(仮想通貨)」
  • 「Cryptocurrency(暗号通貨)」
  • 公式の場では、「Crypto asset(暗号資産)」

なので、日本この流れに沿って、暗号資産と呼び名が変化したのです。

この時の改正内容の詳細は、以下の記事を参考にしてみてください。

2019年6月に暗号資産への新たな規制にかかる法律が公布、ICOやデリバティブ取引への影響は? - BUSINESS LAWYERS
【BUSINESS LAWYERS】先の第198回国会で、「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」(令和元年法律第28号)が5月31日に成立し、6月7日に公布された。同法は、公布日から起算して1...

起源は2017年の「資金決済法」

ハンマー, 書籍, 法律, 裁判所, 弁護士, 段落, ルール, ジュラ, 本, 規制, §, コード

日本では、2017年4月に「資金決済法」の改正法の施行されました。

これにより、暗号資産の交換業者の登録制が導入されました。

また、口座開設時の本人確認等の義務付けや、顧客への情報提供その他利用者保護の観点からの一定の制度的な枠組みが整備されました。

その後、コインチェックからネムが流出する事件などが発生し、利用者保護の観点から法律が改正されてきました。

仮想通貨と暗号資産どちらの言葉が標準か?

摩耗, ファッション, 手, 革, デスクトップ, パンツ, ファブリック, デニム, クローズアップ

結論:暗号資産です。

理由は、法律上、暗号資産となっているからです。

ただ、2017年から投資をしている人は、特に仮想通貨で慣れています。

なので、仮想通貨の方が、意味的には通りやすい。

暗号資産というと、人によっては、仮想通貨と異なるものと捉える人もいるかもしれません。

暗号資産の例

暗号資産には、数千種類以上あります。

その中でも代表的なものをここでは紹介します。

月見
月見
  • 正直、すべてを覚えるのは不可能・

なのでまずは、以下二つの仮想通貨を抑える(理解する)事が重要です。

なぜなら、この二つの暗号資産の時価総額が高いためです。1位と2位の暗号資産になります。

  • ビットコイン
  • イーサリアム

その上で、アルトコインを理解するとスムーズです。

ビットコインとイーサリアムとの差別化ポイントがなんなのか?を理解することがアルトコインでは重要なためです。

この両者の違いについては、以下の記事を参考にしてみてください。

暗号資産についてもっと知りたい

暗号資産についてもっと知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

暗号通貨とは何か?仮想通貨との違いや基本を解説 | ZUU online
「暗号通貨」という名称を聞いたことがあっても、その仕組みや仮想通貨との違いについて、理解している人はそれほど多くないだろう。暗号通貨は、日本円や米国ドルなどの法定通貨とは異なる特徴を持つ。

暗号資産の分析方法を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

暗号資産投資は今からでも儲かるのか?

  • 筆者は、将来性は高いと判断しています

その理由については以下の記事で詳細に解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

  • 仮想通貨と暗号資産の違いは、ありません。
  • 今後標準となる方は、暗号資産です。
  • 理由は、法律でそのように定義されているためです。

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました