Recommend Stocks

日本航空の今後の株価の見通しを分析|コロナ明けの上昇は見込めるか?

Recommend

はじめに

日本航空の今後の株価の見通しを分析します。現在の日本航空の状況をまとめると以下です。

  • 日本航空は、現在コロナウイルスの影響により、非常に厳しい状況
  • 業績は過去最大の赤字となる見通し
  • 公募増資による資金調達の実施

この記事では、上場来最安値付近の価格となっている日本航空の株価を分析し、投資するべきか否について判断していきたいと思います。

月見
月見

筆者は、現在2021年1月現在ショート(空売り)を検討しています

その理由を以下で解説します。

2021年現在の日本航空の状況は?

2021年3月期第2四半期の連結業績(2020年4月1日~2020年9月30日)

  • コロナウイルスによる世界各国は厳しい出入国制限による航空機(国際線)需要の消失
  • 国内線も国際線ほどではないが、大きな需要の消失

日本航空の第2四半期の連結業績は、対前年比ベースで以下となっています。

  • 売上:-74%

四半期包括利益合計額に関しては、-1454億円の赤字となっています。

コロナウイルスの影響を今もなお、大きく受けていることがわかります。

当第2四半期における国際旅客、国内旅客の事業ごとの状況

国際旅客、国内旅客ともに減少率がかなり高いです。

特に国際線の方が厳しい状況ということがわかります。これは、出入国制限の影響のためと言えるでしょう。

国際旅客(アジア発北米行き):

  • 有効座席キロ:前年同期比88.1%減
  • 旅客数:前年同期比97.7%減
  • 有償旅客キロ:前年同期比97.2%減
  • 有償座席利用率:20.8%

国内旅客:

  • 有効座席キロ:前年同期比51.4%減
  • 旅客数:前年同期比76.1%減
  • 有償旅客キロ:前年同期比75.8%減
  • 有償座席利用率:39.8%

連結輸送実績は、以下です。

参照元:https://ssl4.eir-parts.net/doc/9201/tdnet/1895126/00.pdf

ファンダメンタル分析

自己資本比率が、43.6%と財務基盤が良いのは良い点と言えるでしょう。

というのもJALは、2010年の経営破綻時に、以下の措置を受けているため、財務状況が良いのです。

  • 会社更生法の申請による借金の棒引き等の7400億円の債務カット
  • 3000億円の公的資金の注入などの政府支援

また、2020年11月6日に以下を発表しています。

  • 公募増資で最大約1680億円調達

増資をすると、株式が希薄化するため、株価が下がる傾向があります。

実際、日本航空も大きく株価を一時的に下げました。

月見
月見

2020年の11月9日に株を購入できた方は、かなりの含み益になっていますね。

概要

  • 良い点
    • 自己資本比率:43.6%

売上・利益

  • 懸念点
    • 営利5y CAGR・実績:-16.7 %
    • 純利5y CAGR・実績:-25.6 %

EPS/BPS・配当・健全性

  • 懸念点
    • 自己資本比率:43.6%
    • 無配
    • EPSの減少

テクニカル分析

日足チャート

少し気になるのは、1820円以下に大きな窓が空いていることです。

窓埋めの動きも懸念されるので、注意が必要です。

また、2000円付近に大きなボリュームがあるので、ここでの売り圧力が高まりそうです。

よって、今からの購入をしても、2000円位までの上昇の可能性が高いということです。
一方で下落リスクは1600円まであります。

つまり、リスクリワードの観点から、短期的には、あまり投資すべき時ではないことがわかります。

もう少し細かくみるために一時間足を確認します。

一時間足

1時間足で確認すると、若干ボリュームが大きい1870円のラインを下に抜けていることから、短期的には、下落リスクが高いと言えるでしょう。

もし、この銘柄で勝負するなら、ショートの方が良いかと思います。

また、このトレンドラインが機能しています。上昇トレンドになるには、まずはこのレジスタンスラインを抜けることが大切です。

このトレンドラインは、長期足のトレンドラインなのでかなり意識されているラインです。

次にショートの場合の利益確定ポイントを確認しておきます。

フィボナッチ・エクステンションから1800円を目標にできます。

一旦1900円付近まで戻って、トレンドラインと接触したタイミングのショートエントリーを検討したいです。

次に週足を確認します。

週足

このトレンドラインは、2020年6月から発生しています。

上昇に転じるには、まずこのトレンドラインの突破が重要です。

まとめ

日本航空の今後の株価の見通しについて分析してきました。

以下二点が、日本航空の株価を大きく下げる要因となっており、長期的(2年程度)は厳しい状況が続くのではないかと、私は予想しています。

  • コロナウイルスによる世界各国は厳しい出入国制限による航空機(国際線)需要の消失
  • 国内線も国際線ほどではないが、大きな需要の消失

短期投資

仮にエントリーするのであれば、ショートが良いでしょう。なぜなら、窓埋めの動きの可能性が高いと判断したためです。長期足での強いレジスタンスラインが確認できるので、ここは下にブレイクする可能性が高いと見ています。

ただし、投資は自己責任です。最後はご自身での判断をお願いいたします。

長期投資

今は控えて良いでしょう。厳しい状況かと思います。

投資に関してもっと知りたい、投資を始めてみたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。口座解説の方法やおすすめの証券会社について解説しています。

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました