Cryptocurrency IOST

IOSTが大暴落・・・今後の見通しを分析する

Cryptocurrency

現在は、2021年4月24日で、IOSTがここ数日で暴落しました。

これまで順調だった上昇トレンドが一気に崩れトレンド転換の可能性が示唆されています。

そんなIOSTの今後の見通しを分析していきたいと思います。

IOSTはなぜ暴落したのか?

  • 主な要因は、時価総額1位の通貨であるビットコインが下落したことが大きいと推察されます。

これに伴って、IOSTも連安となりました。

ここら辺に関しては、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

その他IOSTに関しては、前向きなニュースが多かったです。

なので、何かIOSTにあったわけでは、なさそうです。

IOSTの上昇トレンドは崩れた?

これまで、順調に価格を上げていたIOSTですが、ここにきて一気にトレンドラインが崩れる展開となりました。

そのトレンドラインを割ってから大きく下落していることがわかります。

このことから、このトレンドラインを指標として、トレードしていた方多い状況だったと推察されます。

ただその後、75日移動平均線に支えられる形となっている状況です。

また、ボリンジャーバンド下限を突破したところ買いが強く入ってきました。

なので、ここら辺を指標に逆張りのトレードをしている方が多いという状況です。

よって、次は、短期的なリバウンド上昇から利益確定の動きが発生し、乱高下する展開が予想されます。

個人的には、ボリンジャーバンド下限にタッチしたらエントリーを検討したいです。

国内の取引所でIOSTが購入なのは、Coincheckのみです

IOSTのテクニカル分析

日足チャート

フィボナッチ・リトーレスメントを引きました。

直近だと、0.5の0.48ドルがサポートラインとして機能する可能性があります。

これまでの下落パターン

これまでIOSTは、下落した後一旦陽線がでるとその後数日は、上昇に転じるということが多いです。

そのため、昨日が陽線となったので、ここからIOSTは上昇に転じる可能性が高いです。

なので、今後は、以下のような展開が予想されます。

直近サポートラインだったラインがレジスタンスラインとなる可能性があります。

なので、短期的なリバウンド上昇を狙ってIOSTにエントリーするのはありと判断します。

仮想通貨IOSTを購入するには

主に二つの購入方法があります。

バイナンス

バイナンス(Binance)仮想通貨取引所の登録・取引開始最強マニュアル | EIKING ASIA

手数料の低い:バイナンス

バイナンスは、手数料が低く、取り扱い銘柄の数も豊富なので、おすすめの取引所です。

手数料が高い販売所経由の購入は、投資利益率が悪くなるので注意しましょう

手数料が比較的に低い取引所での仮想通貨売買をおすすめします。

コインチェック

ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

信頼性の高い:Coincheck

日本国内でもっとも豊富な仮想通貨の取り引き種類数を誇っています。

日本で、仮想通貨取り引きを行うのであれば、口座開設しておいて間違いないかと思います。

CoincheckでもIOSTを取り扱っているので、口座開設後購入が可能です。

こちらはバイアンスと異なり日本金での入金が可能です。

まとめ

IOSTの今回の暴落の原因は、時価総額1位の通貨であるビットコインが下落したことが大きいと推察されます。

よって、IOSTは短期的には、リバウンド上昇する可能性が高いです。

その後は、前回のサポートラインがレジスタンスラインとなる可能性が高いです。

なので、短期的なリバウンド上昇狙いでのエントリーがよいと判断します。

今回の記事は、以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] IOSTが大暴落・・・今後の見通しを分析する現在は、2021年4月24日で、IOSTがここ数日で暴落しました。これまで順調だった上昇トレンドが一気に崩れトレンド転換の可能性が示唆されてい […]

タイトルとURLをコピーしました