Cryptocurrency XRP

リップルが暴落中・・・やばい?今後の価格を見通す

Cryptocurrency

はじめに

仮想通貨リップルが、2020年12月22日現在、15%超の下落となっています。
さらなる暴落の可能性に、不安になる投資家の方も多いかと思います。
そこで、今後のリップルの価格について分析し、見通しを立てたいと思います。

月見
月見

リップルは荒れ荒れですね・・・。非常にリスクが高い銘柄と言えます。個人的には、こういう銘柄には手を出してはならないと思ってはいますが・・・ついつい笑
リップルをもっと知りたいという方は、以下の書籍がおすすめです。

仮想通貨リップル投資入門 | CRIPCY, 大倉 コージ |本 | 通販 | Amazon
AmazonでCRIPCY, 大倉 コージの仮想通貨リップル投資入門。アマゾンならポイント還元本が多数。CRIPCY, 大倉 コージ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仮想通貨リップル投資入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

リップルに関するニュース

Cryptocurrency, ビジネス, ファイナンス, お金, 富, ゴールド, 現金, 金融, 投資
  • 悪いニュースが1件ありましたので紹介します

米SEC、仮想通貨XRPの販売巡り提訴する方針=報道

  • 訴訟は、デジタル資産のXRPがSECに登録するべき有価証券かどうかをめぐる内容
米SEC、仮想通貨XRPの販売巡り提訴する方針=報道
リップル社のBrad Garlinghouse CEOは米時間月曜日、証券取引委員会(SEC)が仮想通貨XRPの販売を理由に、リップル社に対して提訴する方針であることを伝えた。

この問題はリップルにつきまといますよね。このリスクが回避できない限り、リップルへの投資は厳しいと言わざるを得ないのかもしれません。

一方でSBIの北尾氏は以下のように述べています。

日本のFSA(金融庁)は、XRPが証券ではないことをすでに明らかにしています。私は、リップルが米国の最終判決で勝つと楽観視しています。 SBIホールディングスはリップルの確固たるパートナーであり続け、アジアで一緒に拡大することを楽しみにしています。

リップルはどこまで下げるのか?テクニカル分析

  • 45円を割るかどうかがポイント

前回安値が約45円なので、これを割るとなるとロスカットが増加すると推定されます。

  • 25日移動平均線に弾かれ下落トレンド入り
  • RSIは43

そこまで売られ過ぎ感はなく、危険な状態と言えます

  • 一目均衡表は雲の下限を下に抜けています

非常に危険です。三役逆転です。

まとめ

リップルは現在非常に危険な状態と言えます。理由は以下です。

  • 25日移動平均線に弾かれ下落トレンド入り
  • RSI43とそこまで売られ過ぎ感はない
  • 一目均衡表の雲の下限を下に抜ける(三役逆転)

今はエントリーを控えた方が良さそうです。

直近の下げ止まりポイントは、45円。これを抜けると25円くらいまでの下落の可能性が出てきます。
リスクリワードの観点からも、逆張りもかなり旨味が少ないと言えますね。

よって、仮にエントリーするならば、25円での逆張りエントリーが良いかと判断します。

リップルに関しての詳細を知りたい方は、以下の記事もおすすめです。

*投資は自己判断でお願いいたします。

コメント

  1. […] リップルが暴落中・・・やばい?今後の価格を見通す仮想通貨リップルが、2020年12月22日現在、15%超の下落となっています。 さらなる暴落の可能性に、不安になる投資家の方も多いかと […]

  2. […] リップルが暴落中・・・やばい?今後の価格を見通す仮想通貨リップルが、2020年12月22日現在、15%超の下落となっています。 さらなる暴落の可能性に、不安になる投資家の方も多いかと […]

タイトルとURLをコピーしました