BTC Cryptocurrency

ビットコインの重要な特徴5点とは?

BTC

はじめに

本記事では、ビットコインについて解説いたします。

こんなお悩みの方におすすめの記事です。

  • ビットコインって名前は知ってるけど、詳しく知りたい!
  • ビットコインの特徴って?
  • ビットコインをこれから保有しようとしていて調査しているんだけど・・・

ビットコインとは?

ビットコインはやはりバブルか?怪しい高騰の背景に「従来とは異なる事情」 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

ビットコインは、最初に生まれた暗号通貨です。この暗号通貨を生み出したのは、サトシ・ナカモトと呼ばれる人物です。サトシ・ナカモト氏の詳細は、わかっておりません。謎に包まれた人物となっています。

2008年、電子通貨ビットコインに関する論文を発表し始めたことがビットコインのスタートとなっています。

月見
月見
  • 約12,3年前にこのような発想をする人物がいることに驚愕ですよね。このビットコインの仕組みにより、仲介業者のいない決済が実現可能となったのです。
  • また、DeFiなど新しい金融アプリケーションにインスピレーションを与える結果となりました。

お金のあり方の根本を揺るがす発想だと思います。特に筆者が、天才的な発想だと思うのが、Peer to Peerとプルーフ・オブ・ワークによる管理システムです。その詳細について以下で解説します。

ビットコインの概要

ティッカーシンボルBTC / XBT
発行開始年月2009年1月
主な利用用途送金 / 決済 / 投資

ビットコインの発行に関して

発行主体存在なし(管理者なし)
発行方法マイニング。その対価をビットコインで受け取り。
上限発行量20,999,999.9769BTC
発行可能数の変更可能
発行予定・発行条件1ブロックを生成するごとに12.5BTCが報酬。
210,000ブロックごとに1ブロックの報酬が半減。

ビットコインの重要な特徴5点とは?

ビットコインとは何か? 改めて確認しておきたいその概要 | NewSphere

発行枚数の上限がある

発行枚数の上限があることにより、ハイパーインフレになることを防止しています。ビットコインの発行枚数の上限は、約2100万枚となっています。

Peer to Peer

ビットコインは、Peer to Peer型のネットワーク管理システムにて、運用されています。Peer to Peerとは複数のパソコンで通信を行うアーキテクチャの一種で、サーバへの不可を分散するメリットがあります。

マイニング

ビットコインの生成には、マイニングと呼ばれる方法が採用されています。マイニングとは、ビットコインの取引記録を取引台帳に追記した人に新たなビットコインを付与することで、生成される仕組みです。この追記作業には、コンピュータを提供する必要があるため、その対価としてビットコインが支払われる仕組みです。

プルーフ・オブ・ワーク

プルーフ・オブ・ワークとはコンセンサス・アルゴリズムの1つです。ビットコインのネットワークに偽の情報を受け入れさせるためには過半数の発言権を手に入れる必要があります。そのため、半数以上の情報を偽りにするためのCPUパワーが必要となり、そのような情報を流すこと実質的に不可能となっております。これにより、ビットコインの整合性は担保されています。この仕組みをプルーフ・オブ・ワークと呼びます。発言権は、最も最初に問題をといたものに与えられます。

非中央集権型

一般的な通貨は、中央銀行が管理しています。一方で、ビットコインは、中央銀行のような管理する団体が存在しません。代わりにPeer to Peerによる通信とプルーフオブワークによる改ざんを防止することで成り立っています。

ビットコインの最新ニュース

ビットコインのチャート

BTCJPYチャートと相場 — TradingView
ビットコイン/日本円のライブチャートで最新の価格変動をチェック。トレードアイデア、予測、市場ニュースもご覧頂けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました