Cryptocurrency

ハッシュパレット(PLT)の将来性を専門家が分析した結果

Cryptocurrency

どうも、月見(@Suzuka14144156)です。

私は、大手企業の研究部門で、AI関連の研究を行っています。

その中でブロックチェーン技術との応用も重要な研究分野対象の一つで、このブログでは仮想通貨市場の分析を行っています。

今回は、Coincheck(コインチェック)が、2021年7月よりIEOの募集を開始したハッシュパレット(PLT)の将来性について分析していきたいと思います。

こんなお悩みをお持ちの方にオススメの記事です。

悩んでいる人
悩んでいる人
  • ハッシュパレット(PLT)の将来性ってどうなの?
  • ハッシュパレット(PLT)への投資を検討している

それでは、早速分析していきたいと思います。

ハッシュパレット(PLT)の将来性に対する結論

HashPalette | 次世代ブロックチェーンプラットフォーム
  • 筆者は、そこそこ高いと判断してます

理由は、NFT自体の将来性が高く、ハッシュパレットもそのトレンドの恩恵を受ける可能性が高いと推定されるためです。

ハッシュパレット(PLT)が他の仮想通貨と圧倒的な差別化要素や優位性があるか?というと筆者はそこまでない可能性が高いと判断しています。

結局のところ、NFTマーケットプレイスのユーザ数が順調に伸びること、そしてハッシュパレットの手数料が他のマーケットプレイスより安価であることが、大切な要素となると考えられます。

よって、その二点が他のNFTマーケットプレイスより、優位に立つことができれば、ハッシュパレットはさらに飛躍的な成長を遂げる可能性が高いといえるでしょう。

ハッシュパレット(PLT)とは?

IEO評価】Hashpalette(ハッシュパレット)は国内初で初値は高騰か!? 取扱い取引所や詳細のまとめ
  • ハッシュパレットは、マンガやアニメのための次世代ブロックチェーン
  • これにより、NFT(コピー不可能なデジタルコンテンツ)を売買することが可能
  • その市場で通貨として機能するのがパレットトークン

ざっくりとはこんな感じ。

従来は、イーサリアムで実装されていたのですが、手数料が高いのが課題でした。

もちろんイーサリアムもこの課題を解決使用と開発が進んでいます。

一方で、パレットも手数量の安さも特徴の一つであることが、公式の発表より示唆されています。

参照元:https://hashpalette.com/

パレットトークンの概要

パレットチェーン上の通貨として機能するのがパレットトークンです。

コンセンサスアルゴリズムとしては、プルーフオブオーソリティを採用しています。

新しいメンバーのパレットコンソーシアムへの参加は、コンソーシアムによるオフチェーンでの承認と⼀定量のPLTをロックアップが必要となります。

参照元:https://document.hashpalette.com/HashpalettePaper.pdf

パレットトークンの成果報酬の流れは、以下になります。

パレットを保有するパレットコンソーシアムメンバーになることで、一定割合のパレットトークンを定期的に取得できる仕組みです。

このパレットトークンの大元は、ガス手数料です。

ガス手数料とは、NFTを購入したり、発行したりするときに必要な手数料のことです。

この手数料が資金の流入限となり、パレットトークンホルダーに配当が支払われる仕組みなのです。

詳細は、以下を参照ください。

参照元:https://document.hashpalette.com/HashpalettePaper.pdf

パレットの購入方法は?

ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)

パレットの購入手続き自体は、1分程度完了しました。

もし、購入を検討されている方がいらっしゃったら以下の記事を参考にしてみてください。

私が実際に購入したので、その方法を解説してます。

以下は、IEOの応募方法です。すでにIEOは終了しました。(2021年8月現在)

パレットの将来性は?

技術, 情報, デジタル, ビジネス, 近代的な, 通信, コンセプト, コンピュータ, インターネット
  • 個人的には、イーサリアム次第のところが大きいと判断しています

なぜなら、このNFT市場を牽引してきたのはイーサリアムです。

なので、OpenSeaなどのイーサリアムベースのNFTマーケットプレイスには、圧倒的なユーザ数がいます。

もうそれでいいじゃん。

ってユーザがならないことが大切。

つまり、イーサリアムには、何らかの課題があることで、ユーザエクスペリエンスが低下してしまう状態にならない限りなかなかパレットのユーザが飛躍的に伸びることは厳しいと思われるためです。

もし、イーサリアムで解決できない問題が発生し、それをパレットで解決できるという状態になることが大切だと考えます。

ではその課題がなんなのか?について詳細を解説していきます。

課題1:手数料の高さ

  • イーサリアムはガス代(手数料)が高い

これは、最大の課題です。

私も実際NFTを出品したのですが、イーサリアムだと1万程度かかります。

この課題をパレットが解決してくれるのであれば、ユーザはどどっと流れ込む可能性が高いです。

当然イーサリアムもイーサリアム2.0など、ガス代を下げるための開発が推進されています。

この開発スピードにパレットは勝つことがもとめられるでしょう。

この点、小回りのきくパレットの方が開発スピードは早い可能性高いといえるでしょう。

あとは、同時にどれだけのユーザを確保できるかが大切と言えるでしょう。

課題2:ガス⼿数料の不安定性

  • イーサリアムは、ネットワークの混雑度合いで手数料が変動する

不安定だと当然使いにくいですし、リスキーです。

NFT売買は、ビジネスですから、不安定な要素があるのは非常に嫌われます。

利益の見込みを出すのにも精度が下がりますし、購入者心理からも価格が変動するものより、しないほうが良いです。

この課題の解決策になる可能性があるのがパレット

イーサリアムという仮想通貨は、NFTに特化した仮想通貨ではなく、もう少し汎用的な仮想通貨なのです。

なので、それに起因して、NFTマーケットプレイスの通貨として、利用するには手数料が高くなったり、NFTに合わせた設計をしていることが、一般的には困難です。

そこでパレットは、NFTに特化することで、イーサリアムでは実現しにくかった機能を実現しようというのが大まかな設計思想です。

しかも、イーサリアムとも整合性が取れるため、相互での運用が可能な通貨となります。

ハッシュパレットのコンテンツとは?

  • 漫画、アニメが主体の可能性が高い

この理由としては、株式会社Hashpalette(本社:東京都港区、 代表取締役:松原 裕樹)が代表取締役を兼務している株式会社Link-Uという会社が、漫画、アニメを主体としたサービスを展開しているためです。

株式会社Link-Uのコンテンツの代表例は以下です。

参照元:https://www.link-u.co.jp/products/

スマホアプリをベースとしては、漫画配信サービスを中心に事業を展開していることがわかります。

これらのコンテンツは、NFTサービスと非常に親和性が高いことから、今回ハッシュパレットの創設に

至ったと推定されます。

実際にハッシュパレットは、以下に示すように漫画のNFTであるコミカブと呼ばれるテストプロダクトの販売をしております。

筆者の考えとしては、漫画やアニメといった日本の強みである文化を活かしたNFTマーケットプレイスとなれば、世界的に見ても独自性の強い市場を形成することができます。

そうなれば、世界中のキャッシュが、パレットトークンに流入する可能性があります。

コミカブのテストプロダクト販売 5000部の販売に成功

コミカブ(Comikabu)公式 (@comikabu) | Twitter

ハッシュパレットは、マンガ領域に特化したコミカブのテスト販売を2020年5月に実施しました。

その結果、わずか6日間で全5000部の販売に成功しました。

このことからもNFTの関する世間の注目が高いことが伺えます

このコミカブは、イーサリアム上で発行しています。

そのため、OpenSeaなどで二次販売が可能です。

コミカブは今度、パレット上でのNFT発行を目指すことが公式のホワイトペーパーで述べられています。

よって、今後このプロジェクトも順調に推移すれば、パレットの強みとなると言えるでしょう。

そのときのプレスリリースは、以下の記事になります。

マンガ×ブロックチェーンのクラウドファンディング「コミカブ」の初回プロジェクトが145時間で完売!
株式会社Hashpaletteのプレスリリース(2020年5月21日 20時00分)マンガ×ブロックチェーンのクラウドファンディングの初回プロジェクトが145時間で完売!

まとめ

この記事では、ハッシュパレット(PLT)の将来性について解説しました。

筆者は、NFT市場の拡大は、今後も継続すると予想しており、それに伴ってパレットの価格も上昇する可能性があると判断しています。

パレットがさらなる価格上昇をするには、イーサリアムが解決できない課題をパレットで解決する必要があると言えます。

パレットは、NFTに特化した仮想通貨であるからこそ、イーサリアムで実現できないことが実現できる可能性があるかもしれません。

そうなった場合には、パレットの価格は大きく上昇する可能性が高いです。

しかし、現状イーサリアムベースのNFTマーケットプレイスが主流でユーザも圧倒的に多い状況です。

この状況を引っ繰り返せるくらいの存在にパレットがなれるか?については、可能性が低いと判断しています。

よって、ポートフォリオの中心は、やはりイーサリアムとビットコインなどの時価総額が大きい銘柄が中心で良いかと思います。

それよりも少ない割合でパレットをちょこっと持っておく程度が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました